So-net無料ブログ作成

新聞紙のギザギザ [ニュースと新聞]


新聞紙は上下がギザギザの切り口になっています。

輪転機を使って印刷するとき、裏表8ページ分を印刷してから切り離すのですが、そのためのカッターの切り口です。

セロテープのカッターがギザギザなのとたぶん同じですね。

直線にもできるのでしょうが、おそらくギザギザの方が確実なのでしょう。輪転機はものすごいスピードで紙を送っていますから。



下野新聞 [ニュースと新聞]


栃木県の県域紙

栃木県ゆかりの著名人

  • 田中正造 足尾銅山鉱毒を告発した。下野新聞の前身「栃木新聞」の編集長だったこともあるようです。

山口新聞 [ニュースと新聞]


山口県の県域紙。

山口県ゆかりの著名人

  • 桂小五郎
  • 高杉晋作
  • 橋本武子 女流歌人
  • 吉田松陰

※ これから少しずつランダムに事項を増やしていきます。


秋田魁新報 [ニュースと新聞]


秋田県の県域紙

  • http://www.sakigake.jp/
  • 「魁新報」で「さきがけ」と読むと聞いたことがあるが、どうなんでしょう?「あきたさきがけしんぽう」なのか「あきたさきがけ」なのか?

簡単な歴史

  • 1974年(明治7年)2月2日「遐邇新聞」として創刊。東北で最も早くできた新聞だそうです。
    • 板垣退助らが民撰議院設立建白書を政府に提出し、自由民権運動の口火を切った年。(秋田さきがけ2008.02.02朝刊より)
  • 明治10年1月 日刊に
  • 明治11年10.1 「秋田遐邇新聞」と改題
  • 明治15年1.26 「秋田日報」と改題
  • 明治22年2.15 「秋田魁新報」と改題

       以上、秋田さきがけ2008.02.02朝刊の特集より参照

秋田県ゆかりの著名人

  • 佐藤義亮
    • 新潮社の創業者。

新聞の面構成 [ニュースと新聞]


それぞれの新聞で特徴ある紙面構成を考えておられますが、おおむね共通する部分も多くあります。

その共通する部分を抽出してみたいと思います。


  • 1面

  • 総合面:2面~3面にある場合が多いようですがもちろん例外も多くあります。

  • オピニオン

    • 「総合・社説」などの場合もあり



  • 投書(他のコーナーと一緒になっている場合も多い)

  • 国際

  • 経済

    • 県内政経:地方紙では地域経済と、国内経済を分けているところもあります。政治・経済を地域と国内で分けているものもありました。このふたつのジャンルは分けにくい場合も多いですので一理あると思います。

    • 国内政経



  • 株式(証券)

  • 生活:この中でさらに教育、子育てなど細分化されている場合も多いです。

    • 教育

    • 子育て



  • 科学

  • 文化

  • スポーツ

  • 地域

  • 地域総合

  • 社会

  • 番組:最終面でない場合もあります。



著名人の命日 [ニュースと新聞]


※ 新聞で読んでいて知ったことを集めていってみようと思います。


  • 01.29

    • 藤田嗣治(ふじた・つぐはる)

      • 画家。スイス・チューリヒにて1968年死去。81歳。画集持ってます。数年前にも「猫の本」という画集を購入しました。





  • 02.18

    • アラン・ロブグリエ

      • フランスの作家。ヌーボー・ロマン。2008年フランス西部のカンで死去。85歳。

      • いくらか読んでいるので、それなりに感慨があります。中村眞一郎さん訳の「消しゴム」など。







夜の思想 [てちょうのよはく]

夜想うことこそがホンマモン。昼になると気恥ずかしく感じられることがその証。

歪み [てちょうのよはく]

どこかゆがんでいるのですがそれもまたいいこと。

役立たず [てちょうのよはく]

役に立たないことならなんでもしますよ。

目的地 [てちょうのよはく]

どこにもたどりつけはしないのでしょう。

メンタリティ [てちょうのよはく]

同じような形の生きものはだいたい同じようなメンタリティを持つにいたるかもしれません。形がメンタリティをつくるのかもしれません。メンタリティが形をつくるのかもしれません。

 [てちょうのよはく]

求める必要もありません。だって最初から与えられているのですから。

見ざる聞かざる言わざる [てちょうのよはく]

とりあえず楽な道を示してくれている教訓。

ママ [てちょうのよはく]

子どもの唯一の味方にして、最大の敵。

長崎新聞 [ニュースと新聞]


長崎県の県域紙。

長崎県ゆかりの著名人

  • 永井隆(1908-1951) 放射線医学の研究者。平和を訴え続けた。

※ これから少しずつランダムに事項を増やしていきます。