So-net無料ブログ作成

ネギの効能 [てちょうのよはく]

西日本新聞2008.12.25夕刊より。

福岡市動物園のチンパンジーは毎朝

白ネギを食べているそうです。

なんでも風邪の予防にいいからとか。

ネギの成分アリシンがいいのだとか。

人間の風邪予防で聞いたことはありますが、

チンパンジーでも効いているそうです。

やっぱり、お仲間ですね。


「見取り図」つきの情報 [ニュースと新聞]


神戸新聞2008.11.23朝刊より


梶田叡一兵庫教育大学長が兵庫県NIE推進協議会設立十年記念セミナーでの講演。


新聞は、編集された活字で、情報の見取り図を読み取れることが大きな長所だ。テレビは映像で「今」を連続させるメディアであり、全体像がくみ取りにくいし、インターネットは関心ある情報に限定されやすいからだ。情報の関連性が分かる新聞は、使うことも作ることも学習活動に結びつけることができる。


二足歩行の理由 [かすかにさいえんす]

高知新聞(共同通信配信だと思う)2008.11.23朝刊より

ニホンザルは普段は四足歩行ですが、目隠ししたら後ろ足で立ち、前足で障害物などをさぐりながら歩くそうです。

産業技術総合研究所認知行動科学研究グループの実験だそうです。

人類が二足歩行になった理由はまだよくわからないそうです。

もしかしたら暗いところで行動することが必要で、そのために、なのかもという結果らしいです。

手探りで歩くニホンザルの写真がカワイイ記事でした。


季節を感じる仕組み [かすかにさいえんす]

新潟日報(共同通信配信だと思う)2008.12.01朝刊より

夜間の睡眠時に脳で分泌される「メラトニン」という物質が哺乳類に季節の情報を伝えるのだとか。

どんなことにでも仕組みがあるものですね。


自然の音に降圧効果 [かすかにさいえんす]

神戸新聞(共同通信社の配信記事か?)2008.12.05朝刊より

米国シアトル大学看護部のジーン・タング助教授の報告によると、自然の音をリラックスした状態で聞くと血圧を下げる効果があるそうです。

まあ、想像したような調査結果だろうと思います。

この実験では波の音を聞かせたそうです。

もしセミの声なんかだったらどうなるんでしょう?

米国ではセミはあんまり好かれていない虫のようです。

自然の音とはいえ、血圧が上がるかもしれませんね?


池干し [てちょうのよはく]

神戸新聞2008.11.20朝刊より

晩秋から冬の農閑期にため池の水を抜き、そこの土を日光にさらす「池干し」が見直されている。

外来魚の駆除や環境教育のために復活しているのだとか。

池の底にたまった栄養豊かな土を田畑に移す「客土」の価値もある。

一種冬の風物詩といった風情もあるし、悪くないかも。

池の生物には気の毒だけど。


ウォーリー [てちょうのよはく]

映画「ウォーリー」は地球に取り残されたロボットの物語のようですが、このシチュエーションで「サイレント・ランニング」という映画を思い出した人も少なくないかもしれません。

好きな作品です。

植物プラントコロニーで起こったできごとを描いたSF映画ですが、ここで印象的だったのが、さまざまな雑用をこなす小さなロボットたち。

だんだん彼らに感情移入していき、ラストシーンのせつなさに涙したもの。

こちらでは最後、地球から離れていくことになるのですが、「ウォーリー」は「サイレント・ランニング」の後日譚のように取れなくもありません。

あのロボットのその後に幸があればいいのだけどと思った望みが「ウォーリー」でかなうのでしょうか?

サイレント・ランニング (ユニバーサル・セレクション2008年第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]
サイレント・ランニング (ユニバーサル・セレクション2008年第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]ブルース・ダーン, クリフ・ポッツ, ロン・リフキン, ジェシー・ヴィント, ダグラス・トランブル

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2008-09-11
売り上げランキング : 17223

おすすめ平均 star
starああ~これぞSF!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


顔と見える [かすかにさいえんす]

金星と、木星と、月が並んで夜空に浮かんでいる写真が12月2日付の各新聞社の紙面を飾っていました。

そのうちのいくつかが、三者の並びを顔に見たてて「笑顔」と表現していました。

三日月が笑っている口元に見えたわけです。

人間はどうやら、点が三つあれば、そこに顔を見てしまうようです。

なんらかの必要から脳にそうインプットされているのでしょう。

心霊写真なんかもだいたい、そういう見立てということになりますね。

最近のカメラに、人の顔を自動的に判断するものがありますが、

それも似たような認識の仕方なのかもしれません。

今回の夜空なんかはそのカメラ、顔と認識できたのでしょうか?

って、できるはずないですね。

もう少し厳密に設定しているでしょうから。

夜空に顔の輪郭とかを描けたら認識できたのでしょうか?

どの程度から、顔と認識するようになるのでしょう?


南日本新聞の夕刊が休刊 [ニュースと新聞]


南日本新聞は2009年02月28日で夕刊を休刊するとのこと。

経営上の問題です。

南日本新聞はけっこう力のある新聞のように思っていましたが、それでも。


1934年8月に創刊して以来、戦時体制下の休刊をはさんで74年の歴史があったそうです。

残念ですね。


先日も秋田魁新報や毎日新聞・札幌版が夕刊を休刊しました。

全国紙でも産経新聞はずっと前に東京版の夕刊は休刊しています。


でも、世間一般の評価を見ていると、夕刊休刊にはさほど反発を持たれていなかったようです。

夕刊という存在そのものが、希薄になってきているのでしょうか?


全国紙なんかでも、夕刊はなんというか、情報源としてはいまいちかなぁと思えますし。

なんだかタウン誌っぽい感じもしますが、そのタウン誌そのものが苦しいわけですが。

その後

  • 2009年1月中旬ころですが、南日本新聞の夕刊では連載小説を毎日3本ずつ掲載しています。終了までに終わらせようということなのでしょう。ファンにはむしろ嬉しいのかも。

ナマケモノのウンチ [かすかにさいえんす]

ねぇ、知ってる?

ナマケモノって、一週間に一回しかウンチしないんだって…。

豆しばふうに言ってみました。

京都新聞2008.12.07朝刊 連載「アニマルうんちく学」(藤原幸子著)によると、

ナマケモノは消化器官もとてもスローモーで、食べたものが出てくるまでに約50日かかるのだそうです。

他の生物と競争するのがイヤで、毒性のある植物を食べるので、じっくりゆっくり消化するのだとか。

驚きですね。


世界初!マグロ完全養殖 [ほしがる]

たしかマンガの「ワイルドライフ」にマグロ養殖の話があったと思います。

たしか近畿大学の研究成果として紹介されていたような気がします。

下の本の舞台は近畿大学水産研究所の方のようです。

マンガに出ていたところでしょう。

本書を通して痛感するのは、近大水産研の開拓精神と独創性だ。実にすがすがしい。(京都新聞2008.12.07朝刊より)

世界初!マグロ完全養殖―波乱に富んだ32年の軌跡(DOJIN選書21)
世界初!マグロ完全養殖―波乱に富んだ32年の軌跡(DOJIN選書21)林 宏樹

化学同人 2008-11-20
売り上げランキング : 24664


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館の新聞が激減 [ニュースと新聞]


朝日新聞・徳島版2008.11.17朝刊

徳島県立図書館での話。

 「予算削減のため購読を中止することになりました」と紙が張られ、使われなくなったスペースが並ぶ新聞棚。四国以外の地方紙は、ブロック紙などを除き06年10月で購入をやめた。海外の有力紙も昨年4月にはニューヨーク・タイムズが姿を消した。現在同館で読める英字新聞は、国内で発行されているものだけ。03年には62紙購読していたが現在では41紙になった。

地方交付税削減のせいで図書費が激減。こういう事態を余儀なくされたようです。


図書館は知識の中核であるべき。

そして、新聞は知識の中心にあるものかもしれません。

そう考えると、残念な出来事。

福祉以外では、こういうことを優先する行政であって欲しいとも思うのですが。


最軽量の自転車 [自転車]

長野市の村山コーポレーションという会社が
5.8キログラムの自転車を開発したそうな。
「市販の変速機付きでは世界最軽量」とのこと。

20インチ、10段変速。49万8000円。

軽けりゃいいってもんじゃないでしょうけど、
買うときは、やはりまず軽さをチェックしますね。
ママチャリを買うときみたいに
「なんでもいいや」と思っていても
ズシッとくるのはまず買わないですもの。

興味はありますが、
ま、この価格ではぼくには買えないです。

テキスト入力マシン「ポメラ」 [かすかにさいえんす]

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10クロ プレミアムブラック
KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10クロ プレミアムブラック
キングジム 2008-11-10
売り上げランキング : 3280

おすすめ平均 star
star文章をよく書く人にはベストチョイスです
star満足

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キングジムの「ポメラ」というマシン。

テキストデータをばかばか入力して、USBでPCに接続、転送できる。

ぼくが最も好きなタイプのマシンです。

常に、こういうのを求めています。

HP-200LXやWindowsCE、Palmシリーズなどを買っていたのも、

結局のところ手軽にテキストデータを入力するためでした。

おそらく購入することになることでしょう。

27300円。

乾電池駆動。

連続使用20時間。

2秒で立ち上がる。

ATOK2007搭載。

メモリカード使用可。

8000文字×6ファイル保存(全ファイル合計48000文字)。

まずは満足な内容。

乾電池駆動というのは個人的に大きなポイント。ただ20時間は少々短いか。

起動2秒も案外長いかも。

保存データ量は少なそうですが、メモリカードでなんとかなるか?

あと気になるところは

キーボードの感触。一見、大きくて良さそうですが、逆にそのせいで電車の中なんかでは使えなさそうですね、しかたないけど。

ファイル管理の能力。

エディタの性能(特に速度と検索・置換の能力)あたり。ただ、長文入力を想定していないと思われるので、検索・置換にさほど能力は必要ないかもですが。