So-net無料ブログ作成

カラスへのエサやり [てちょうのよはく]

今朝自転車で走っているとカラスがゴミ置き場をつついていました。
夢中になっていて近くをすぐそばを通り過ぎても気にもしてもらえません。
いつもの光景です。
このあたりの生物保護への意識の高さには感嘆します。

湖沼なんかで渡り鳥にエサをまいてやっている人たちと似たような心持ちなのでしょう。
いえいえそれどころか。
鳥インフルエンザが怖いということでこの冬あたりはエサまきを中止したところも多いとのこと。
しかしこのあたりの住民はどんな場合でもカラスへのエサやりをやめようとはしないのです。
まったく見上げたやさしさですね。
ニンゲンの鑑というべきでしょうか。

「新聞ブログ」? [ニュースと新聞]


「新聞ブログ」なんてのがあるのを知りませんでした。


記事を入力したら新聞ふうにして表示してくれるMovable Typeのブログパーツだそうです。

Six Apart自体が関わって作られたもののようなので信頼性はあるでしょう。


おもしろそうですね。

ウチの会社のブログなんかには向いてそうですが。

お金を出してくれるでしょうか?


イベント [てちょうのよはく]

たばこをベランダですうようになりました。
いちいち椅子を持ち出してすうのです。
そうしているとたばこなんていうきわめてさりげない日常的な行為がイベントと化してきたような気もします。
ぼんやりと夜空を、雨を、樹々の風に揺らぐのを眺めています。

齢をへるにしたがって日々はすみやかに去るようになります。
それを少しでもふせぐためにはさまざまなイベントをつくっていくことは効果的そう。

たばこの例を考えるとイベントをつくるのはさほどむずかしくないかもしれません。
なにかひと手間かければいい。

レコードをふいて慎重に針を落とすという手間によって音楽を聴くという行為はイベントになっていました。
今はさりげなく聴けすぎるのかもしれません。

通勤を電車ではなく自転車にすればいい。
以前かたくなにしなかった休日出勤に抵抗がなくなったのは行き帰りの自転車が楽しいからかもしれません。

眠るときにはいちいち蒲団をひくようにしたら睡眠さえもイベントに。
ベッドや万年床は眠りの重さをへらすのかもしれません。

なんでもちょっとだけめんどくさい要素をを入れることで貴重ななにかに変じるようにおもえます。

便利になるということは大切さを削ることではあるのでしょう。

早川いくを「へんないきもの」 [ほしがる]

読みたい本。
いっとき話題になったベストセラーの文庫化のようです。
まあ、絵本として買ってもいいかと。

池田理代子「女帝エカテリーナ・1」 [読書・鑑賞]

池田 理代子,アンリ・トロワイヤ
中央公論新社
発売日:1994-09

読みました。

一度は行ってみたいエルミタージュ。
エカテリーナ2世がそれをつくった。
アンリ・トロワイヤといえば福永武彦さんが訳した「蜘蛛」。
興味のある伝記ではありました。

この巻では小娘に過ぎなかったゾフィーがすこしずつロシア宮廷で地位をかためていくところまで。

安野光雅「狩人日記」 [読書・鑑賞]

読みました。
おもしろいのです。
発想がゆたかでユニーク。
挿絵もゴーセイにいっぱいなのでした。

藤森栄一「かもしかみち」 [ほしがる]

欲しい本。
安野光雅さんが「狩人日記」の中で紹介しておられました。
とてもおもしろそうです。
「道」というものについての考察のようです。

支倉凍砂「狼と香辛料」 [座右の書こうほ]

14巻まで読了。

経済と商売に関心を抱けるようになるかもしれないファンタジー。
剣と魔法はほとんど登場せず、武器は知恵と金。
複雑なときはかなり複雑になる物語。

支倉 凍砂
アスキーメディアワークス
発売日:2010-02-10

旅も終わりかけています。
別れを現実のものとして考えなければならない時期になっています。
そんなときロレンスはホロとともに最後まで旅を続けることすらできない事態に直面することになったのです。
さあどうするのでしょうか?

2010年6月3日読了。




I(2006年)
25歳の行商人ロレンスはひとりの娘と出会う。彼女は自分を狼の化身、賢狼ホロだと呼び、北の国まで連れていけと言う。
ふたりのスリリングな旅が始まった。
商人の経済(?)やかけひきが愉しい。

II(2006年)
このお話はこの手のとしては読むのに時間がかかります。意外なほどていねいに描かれているからでしょう。
また会話中心ではなく地の文が多いということもあるでしょう。
だからテンポもゆったりしています。
ライトノベルの仲間に入れるには、ちょっとレベルが高いかもしれません。

いいセリフ集

この作品にはときおりちょっと印象的なセリフが出てきますね。それを集めてみましょう。
  • わっちはホロ。賢狼ホロじゃ(1巻p.52)
  • わっちはぬしと旅がしたい。ダメかや?(1巻p.67)
  • そんなやけどはわっちの証。この尻尾と耳と同じ。二つとないわっちの証と思うまでよ(1巻p.76)
  • 「おまえ自身は変わったのか?」/「……」/ホロは無言で首を振る。こんな仕草はとても子供っぽい。/「なら故郷も変わっていないだろ」(1巻p.95)
  • 食欲は多くのものを失うが、禁欲が何かを生み出すということもない(1巻p.118)
  • 一人は飽いた(1巻p.202)
  • うふふ。狩りなんて久しぶりじゃが、狩られるのは初めてじゃ(1巻p.214)
  • 道の先には利益がある。(2巻p.84)
  • 噂の力は思いのほか強いからの(2巻p.90)
  • 美醜は種族によらぬ(2巻p.140)
  • 金の絆は、血の縁よりも強い(2巻p.198)
  • しゃが、まあ、ぬしがお人好しじゃからわっちゃあ暢気な旅ができているんじゃからな。すべてを望むのは贅沢というものかも知れぬ(2巻p.230)
  • 次からはわっちを怒らせてくりゃれ?(2巻p.232)
  • サーベルと商人はまっすぐじゃ役に立たない(2巻p.259)
  • 一雨来る。わっちゃあ望んでおらぬのに(2巻p.303)
  • 羊飼いにとって、羊は守るべき哀れな子供ではなく、羊飼い自身を守る盾でも武器でもある。(2巻p.308)
  • 明日もまた生きていくのであれば明日につながるものを選択しなければならない。(2巻p.357)
  • 商人というものはどんな状況であってもまず嘘からつく生き物だ(中略)ただ、嘘つき同士であっても信頼関係が大事なのだから、商人とは不思議なものだ。(2巻p.364)



IX 対立の町(下)(2008年)
再びエーブによって危険な取引に巻きこまれたロレンスは逃げようとするが…。(2009年06月28日読了)





支倉 凍砂
アスキーメディアワークス
発売日:2009-08-10

北の地図を描いてくれそうな人物はエキゾチックな美少女フランだった。
彼女は腕のいい銀職人であり、偏屈で頑固なことでも有名だった。
そして、地図を描く代わりに彼女が要求してきた条件は、ある村の天使伝説を追うことだった。その村にはまた魔女伝説も伝わっているのだった。

いつも通り、会話と人々の駆け引きの楽しいお話。
もっとも今回は商売の話ではないので、複雑さは少ない。

引用などをこちらに。
http://bit.ly/dCMfdv

(2010年03月02日読了)

XIII(2009年) Side Colors III

支倉 凍砂
アスキー・メディアワークス
発売日:2009-11-10

読み終わりました。
今回は外伝。短編集。
メインはずっと以前の章で活躍してくれた羊飼いの娘ノーラの後日譚。
相棒のわんこ、エネクの視点で描かれています。
まるで「キノの旅」の陸くんのようです。
さて、ロレンスたちとの作戦でちょっと稼げたノーラさんは夢であった仕立屋になるため、かつて疫病で人口の半分を失ったという町にやってきたのです。
そこで嬉しかったり、失望したり、また嬉しかったり。これまでになかった体験をするのでした。
そしてとんでもないことが待っているのでした。
もしロレンスと再会することがあったらきっととても驚かれてしまうことでしょう。

他の短編でもホロさま視点の作品があり、今回はいつもと異なる語り口の作品集でした。

これまでの作品を読んでいたら楽しめます。というか、そうでないと楽しさ半減でしょう。外伝とはそういうものでしょうが。



ホロさまについての簡単なリストを下に置きます。

続きを読む


Macに再会 [てちょうのよはく]

最後に使ったのが68系のMacなのでもう10年以上はまともに触っていないでしょう。

それが久しぶりにMacを使いはじめました。
会社でG5が余ったので。
古いマシンなので快適さはいまいちですが普通に使うに問題はないようです。
ごく普通の価格帯のWindowsマシン程度の感覚では使えます。
このブログも初めてMacで書きます。
と思っていたのですが。

ところが、Firefoxが起動しないのです。
困りました。
Windowsで慣れているのでなんとかこいつでいきたいのですが。
起動途中で先に進まなくなってそのうちネットにもつながりにくくなってしまう。

うーん。
おそらく前に使っていた人の痕跡が残っているからかな。
と思いプロファイルマネージャを起動してFirefoxのプロファイルを消してしまうことにしました。
方法は次のサイトに。
  ・http://support.mozilla.com/ja/kb/Managing+profiles
で削除して、新しいのを作っておいて起動してみると。
ちゃんと起動しました。
よかったよかった。