So-net無料ブログ作成
検索選択

立体って、そんなに楽しい? [ニュースと新聞]

京都新聞2010.09.30朝刊。

「ニンテンドー3DS」の発売日発表。
来年2月26日だそうです。

以前、何かは忘れましたけど、海外のSFものの映画かTV番組かで「バーチャファイター」が立体になって、小さいキャラがテーブルの上に立って動いているシーンを見かけたことがあります。
「いずれホンマにこうなっていくんやろうな」と考えた記憶がありますが、また一歩近づいたようです。

ゲームなんかでよく使われるポリゴンが、ゲームの立体化への方向づけのようなものだったかと思います(前述の「バーチャファイター」以来でしょうか?)。それまではCGの世界で絵の一種としてポリゴンを使っていた程度だったように思いますが。
TVの立体化は遊園地のアトラクションあたりの流れでしょうか。
それらが合致してきているのでしょう。
みんな立体、好きなんやなあ、と。

人間が立体好きなのは、リアルさを求めているということなのでしょうか。
3次元世界の住人であるわれわれは感じるものすべてが3次元であってほしいのかもしれません。
でないと本当に感じたような気分になれないのかも。
音の3次元化はずいぶん前にそこそこ完了しているので、次は映像を、と。

でも正直なところ立体映像に、個人的にはいまいち魅力を感じてません。
もちろん、なったらなったでおもろいやろうな、とは思うのですが、どうしてもそうなってほしいというもんではありません。
数年後にはふつうになってしまってるのかもしれませんけど。

ゲームで言えば、日本のアニメ技術の水準の高さから考えて「PC-FX」の示した方向がいいものへの道だったんじゃなかろうかという気もしています。
それがかなわなかったのはおそらく「バーチャファイター」の人気が出すぎたからなのでしょう。
あるいは映像の世界の方向性を創ったゲームだったのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

アパタイトのシート [ニュースと新聞]

来月には一度歯医者に行かねばなりません。
治療ではなく定期的なメンテンナンスですが。
メンテナンスといえど、歯をガシガシやられるのはキツいこともあります。
でも人間の永久歯は再生しないのだから大事にしないと。
と思っていたらこんな記事が(中日新聞2010.19.29朝刊)。

近畿大と大阪歯科大学の発表。
歯や骨の主成分ハイドロキシアパタイトを薄膜化技術によりシート状に加工。
成人の歯に張り付けると90日後に歯の再生が始まったとか。

他の記事も見てみると知覚過敏の治療にともありました。
子どもの予防歯科にもと。

大阪歯科大の吉川一志准教授は「十分程度でシートがきちんと歯に接着し、歯質と結合が始まるようにしたい」と話しているそうです。
そうなると定期メンテナンスにも使ってもらえそうですね。

とはいえ、日頃の歯磨などが重要なのは変わらないでしょうが。

リンク

  ・ハイドロキシアパタイト情報館
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

日本征服の方法 [ニュースと新聞]

東京新聞2010.09.29朝刊。

中国のインターネット上で書き込まれた文章が話題になっているとか。

中国が日本を「征服」するのは簡単であると。

その方法は、
(1)日本ブランドの商品を中国から締め出す。
(2)日本への資源輸出を禁止する。
(3)中東の原油を日本より高値で買う。

たしかに、征服はともかく、日本をかなり困らせるのには成功しそうですね。
中国自身もけっこう困りそうですが。
観光にも来ないのでしょうからアキバにも行けなくなりますしね。
国々が持ちつ持たれつでやってかないといけない時代、これをやっちゃうと、中国の信用もそうとう落ちそうですね。
人を呪わば穴二つとか。

ただまあ、日本にしても、政府自身がいろんな国に対してこういうこと(どうやったらその国が困るか)を常日頃考えておくと、なにかあったときの役には立ちそうだという示唆的な記事でした。
ただし、穴二つを覚悟しつつ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

たらいいね [うたう]

しろ。
じゃない。

する。
じゃない。

でき
たらいいね。

行け
たらいいね。

勝て
たらいいね。

そんなていどの
たらいいね。
が好きだ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「最も魅力的な市区町村」は札幌市 [ニュースと新聞]

共同通信・高知新聞2010.09.26朝刊。

「ブランド総合研究所」の発表。
「最も魅力的な市区町村」で札幌市が2年ぶり首位に返り咲いたそうです。
2位が昨年1位だった函館市、3位が京都市だそうです。

県では、北海道、京都府、沖縄県、東京都、奈良県、神奈川県、大阪府、兵庫県と8位までが昨年と同じ。

都会であるか、見処があるかが必要条件でしょうか。

こないだ京都市に行ったとき、空が広いなあと思いました(大阪市在住)。
ぼくにとって空の広さは必要だなあとも思いました。
京都市あたりに移住したくなりました。
都会なので便利さはあまり大阪と変わらないだろうし。
見処も多いし。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

児島湖が環境基準クリア [ニュースと新聞]

山陽新聞2010.09.26朝刊。

岡山市と玉野市にまたがる児島湖は水質のわるいことで有名ですが、環境指標のひとつ「全窒素」で環境基準クリアを達成したそうです。
すべての指標で環境基準に達していなかったそうで、1980年度の調査開始以来初めて環境指標のクリアだそうです。

岡山市南部の出身で児島湾まで歩いて10分、児島湖まで足を延ばすなら自転車で15分ほどのところに住んでいました。
ぼくがいたときにはまだ調査は開始されていなかったようですが、子どもの頃を思い出してもあんまりきれいではなかったので、かなり長いことこんな状態だったのでしょう。

それでも、近場に広い水域があるというのはやはりなんとなく豊かな気分になれていたのです。
美しい、遊べる水場になってくれたらみんな喜ぶことでしょう。
もう一息、というわけにはいかないでしょうが、努力していけば自分たちの財産として戻ってくるでしょう。
いつかは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

シシトウを辛くなく育てるには [かすかにさいえんす]

日本農業新聞2010.09.25 「アキバ博士の食農教室」より。

シシトウはトウガラシの仲間なので、もともと辛い遺伝子を持っている。
トウガラシは気温25度以上になると急激に辛くなる。
要するにストレスがかかると辛くなる。

木が弱ってストレスを感じていると先の尖ったシシトウになりやすい。
先の尖ったシシトウは辛いという言い伝えがあるが信ぴょう性はある。

辛くないシシトウを育てるには。
まめに水やり。
追肥。
とにかくストレスを与えない。

というような内容でした。

ストレスがかかるとなぜ辛くなるのでしょう?
想像してみました。
メカニズムではなく、そうなった理由を。

ストレスがかからない状況だと繁殖しやすいでしょう。
とりたてて身を守らなくても適当に繁殖できるでしょう。
むしろ、繁殖し過ぎを制限しなければならないかもしれない。
んで、どんどん食べてね、と。

でも、ストレスがかかるというのは繁殖しにくい状況のときでしょう。
辛さは刃のようなもの。
身を守りやすくなるでしょう。
絶対に食べられてたまるか、と。
自分は食べられても他のシシトウが食べられにくくなる。
ひとつの実ごと、動物は激しい闘いに身を投じなければならない。
シシトウに共生関係のある動物が存在するかどうかは知りませんが、もし共生動物がいるなら、そいつは辛さに耐えられるようになっているのでしょう。

まあ、ただの想像ですが。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「GLOBE」が沖縄タイムスにも [ニュースと新聞]

沖縄タイムス2010.09.24。

別刷りが入っていました。
どこかで見たような紙面だなあと思ったら、朝日新聞の別刷りである「GLOBE」でした。
第48号は沖縄経済の特集だったようで、沖縄タイムスも取材に協力したからとか。

全国紙と地方紙の協力はいい方法だと思えます。
地方にとっては、地域のことを全国に知らしめることができますし、全国紙の強力な取材力を利用することができます。
全国紙にとっては地域にとって真に重要な部分がどこにあるか、深い部分まで探ることが可能になるでしょう。

すでに協力体制を取りつつある新聞もあります。
今後、こういうことは増えてくるのでしょう。

「新聞多様性」とでも言うべきものが薄れないようにする必要はあるとは思いますが。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

雪乃紗衣「彩雲国物語」 [座右の書こうほ]

もしかしたら政治に興味を抱くことができるようになるかもしれないファンタジーのシリーズ。

雪乃 紗衣
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2009-12-01

ぶっ倒れた秀麗。
そして行方不明に。
りゅーきたちは大騒ぎ。
しかし彼女は縹家にいた。
そこでないと生きられないから。
しかし縹家でも当面彼女をほぼ無視状態。
不穏な地震がたびたび起こり始め、蝗害の報告も。
いったい何が起こっているのか。
王としての力を試されようとしているりゅーき。

おーきさんはもしかしたら王さまを鍛えてくれてるのかもしれない。

秀麗を救いに行くしゅーえい。
なぜかいっしょにいくことになった迅。

ゆーしゅんの思いは?

複雑な物語になってきて、初期からのシンプルな登場人物たちはアホに見えてしまうようになった。
かれらの復権はあるのか?(2010年9月25日読了)


彩雲国に関する簡単なリストと過去に読んだ分を下に置きます


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

井田博「日本プラモデル興亡史」 [ほしがる]

南日本新聞2010.09.19 コラム「南風録」で紹介されてました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

金関寿夫「アメリカ・インディアンの口承詩」 [座右の書こうほ]

何かが失われたときに
たとえば 野生
たとえば 驚く力

自分が 複雑になりすぎたような 気がしたときに
鈍ってきたような 気がしたときに
開く本

いつも かたわらに ある

解説本の形を取ってはいるが 詩集といって充分なだけ詩が入っている

素朴で 豊か

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「理想の本棚」に入れたい本のリスト [座右の書こうほ]

「よつばと」を追加。




たとえば理想の暮らしのイメージとして。
小さな山荘で、さみしく余生をおくりたい。
障子をとおした光がやわらかくただよっている四畳半の部屋。
縁側に向けた文机によりかかり、たばこふかしながら、日がな一日なんとはなしに過ごす。
座ったまま手の届くところに小さな本棚があればちょっとうれしい。
安物だけど無垢の木で作られた本棚は色あせ、ちょっとガタがきている。




本が多すぎる。
きらくにひっこしもできないのです。

なるべく少ない本で、上記のような暮らしで死ぬまで楽しめる本棚を作ってみたいと思います。

収容能力は小さいので、全集の類で場所を取ることはしにくい。
サイズもなるべく小さいものにしたい。
また、同じ本でン十年まかなえる、汲みつきないものがのぞましい。
少しでも多彩さを増やすため、同じ著者の重複はなるべく避けよう。
こちらの精神が変化していくだろうことは考慮に入れないで、今現在の好みで選ぶしかないでしょう。
おのずと、変更はなされていくはずです。

とりあえず、これは候補本のリストだけです。
まだまだずいぶん多すぎるし、まだ欠けているのもあるとおもうんですけど。

それぞれの本については別途何か書いてリンクを貼っていきたい思ってます。

リストは下に


タグ:座右の書
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

安村敏信「河鍋暁斎 暁斎百鬼画談」 [読書・鑑賞]

気にはなっているが画集はあまり持ってない。
読み用の画集として購入。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話」 [座右の書こうほ]

読むということに関しては、鳥山石燕の妖怪画集よりもおもしろいかもしれません。
物語性のようなものがあるというか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ヴァルザーの詩と小品 」 [読書・鑑賞]

ローベルト・ヴァルザー,飯吉 光夫
みすず書房
発売日:2003-10

孤独で静かな作家。
あまり知られていない小さな世界。

そこはかとなく山川方夫さんなんかと重なるようなところもあるかも。
もっと詩的だが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: