So-net無料ブログ作成
検索選択

読書中「狼が連れだって走る月」菅啓次郎 [読書・鑑賞]

読書中。今のところの感想。

★内容の3ポイント
(1)熱に浮かされたように旅を語る。自分にとっての、ほんとうの旅とはを考える。
(2)古い国と文化と国家について考える。
(3)旅の気分、野性を見失わぬ生についていい感じに表現されている。

★感想の3ポイント
(1)読者もまた、自分の旅を考える。
(2)愛読書になるかもしれないし、まつたく受け入れられないかもしれない。そういうチカラを内包する本ではある。
(3)ボクがいくらかそうであるように結局インテリというある種の特権階級の産物ではある。欠如ないしは過剰も感じる。