So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の建築物 北浜周辺 [大阪の建築物]

今日は中之島から北浜周辺をちょろっとまわりました。
曇っててけっこう寒かったです。

まずは中之島から見たOMMビル(大阪マーチャンダイズマートビル)。「生きた建築」のリストには入っていないようですが、これも大阪を代表する建築のひとつでしょう。
ボクが大阪に引っ越してきたときからすでにここにあり、ずっと鎮座しています。
2年に1度ほど中で食事をします。ときおりトイレを借りに入ります。
2016-11-23 09.11.36.jpg

大阪証券取引所。
ドラマで注目を集めたようです。見てないですけど。
中之島の中央公会堂などと並び超有名どころですね。
背景に黒いキタハマ・タワー。その横をいつもすり抜けてます。
2016-11-23 09.29.31.jpg
2016-11-23 09.30.10.jpg
この人が。
2016-11-23 09.29.55.jpg
寄ると見上げることになります。高校生の頃よくこの像を見上げてた記憶があるんですけど、何の用があってこんなとこに来てたのかその記憶はなく、謎です。
2016-11-23 09.32.23.jpg

北浜レトロビルヂング。
2016-11-23 09.33.10.jpg
2016-11-23 09.33.32.jpg
2016-11-23 09.34.47.jpg
2016-11-23 09.33.50.jpg
先日の川側から見て小ささが気になってたのはこいつですね。やはり名のあるヤツだったか。
2016-11-16 09.59.17.jpg

宣成社本社ビル(Growtecture S)
2016-11-23 09.39.44.jpg
2016-11-23 09.40.13.jpg
2016-11-23 09.40.30.jpg
ここで働いてると落ち着かなさそう。

三井住友。
週一回は横を通ってます。キタハマ・タワーとの間の道がボクのコースです。
2016-11-23 09.47.14.jpg
2016-11-23 09.45.14.jpg
2016-11-23 09.45.32.jpg

旧小西家住宅。
こんなとこにこんな日本家屋があったとは。
2016-11-23 09.51.42.jpg
2016-11-23 09.49.39.jpg
2016-11-23 09.49.02.jpg
2016-11-23 09.52.32.jpg
2016-11-23 09.52.47.jpg

フジカワビル。
2016-11-23 09.57.36.jpg
2016-11-23 09.58.08.jpg

あちこちうろちょろしてる間にこの辺で方向を見失いました。自分がどっち向いてるのかわからへん。
で、お次を探すのにはけっこう苦労しました。街なかの建築探訪には方位磁石が必要ですね。
闇雲に動いているうちにひょこっとあらわれてくれたのが・・・
綿業会館。
2016-11-23 10.29.09.jpg
2016-11-23 10.26.36.jpg
2016-11-23 10.27.27.jpg
2016-11-23 10.30.40.jpg
2016-11-23 10.30.00.jpg
こった造りですね。
2016-11-23 10.31.11.jpg
2016-11-23 10.32.22.jpg

輸出繊維会館。
外見は普通っぽいですが、設計者は村野藤吾さん。
中がすごいそうです。いつかは入ってみたい。
2016-11-23 10.40.08.jpg
2016-11-23 10.39.39.jpg

大阪ガスビル。
ここもしょっちゅう見ることになる建築です。
2016-11-23 10.46.50.jpg

芝川ビル。
おお〜、ここは中で働きたいビルです。こんなとこで仕事できたらモチベーション上がりそうです。
2016-11-23 10.51.19.jpg
2016-11-23 10.52.02.jpg
2016-11-23 10.51.51.jpg

おまけで、名前とかわからなかったけど、ちょっと気になった建物を。
2016-11-23 09.35.57.jpg
2016-11-23 09.42.43.jpg
2016-11-23 09.54.59.jpg
2016-11-23 10.57.56.jpg

今日の建築物 [大阪の建築物]

母の老人ホームに行く途中で出会った建築物を。

大阪城の中(もしくはそば)で出会いました。
廃墟っぽくてちょっと怖いですね。
金田一少年の事件が起こりそうです。
名前はわからないです。
2016-11-20 08.37.46.jpg

丼池繊維会館。
2016-11-20 09.31.12.jpg

2016-11-20 09.32.40.jpg

農林会館。
2016-11-20 09.38.52.jpg

2016-11-20 09.40.04.jpg

2016-11-20 09.39.49.jpg

原田産業大阪本社ビル。
2016-11-20 09.43.03.jpg

2016-11-20 09.43.37.jpg

2016-11-20 09.43.23.jpg

今日はそのビルの中で働いてみたい建物が多かったです。

自宅に帰りしな横を通った高島屋東別館。
かつて日本橋にはよく行ってたので馴染みの建物ですが、考えてみるとこれもいわゆる「名建築」のひとつですね。
デカすぎて全貌が一枚におさまりません。
2016-11-20 11.17.40.jpg

おまけ。
難波宮にて。ここにもかつて名建築があったんでしょうけど。
2016-11-20 08.59.54.jpg

ランドナーを作るとしたら [ 80歳で日本一周できる自転車を]

現在手持ちの自転車は3台。
最近購入したドッペルギャンガー104−DP。プロムナードハンドルに付け替えています。
2016-11-12 15.10.55.jpg

ノーブランドのMTBもどき。今は上のドッペルについてたフラットバーハンドルを付けてます。
androidapp/1299611610021645011620759568.png

もう一台はミニベロロード。とかろうじて言えるかなというマシン。微妙なとこです。
androidapp/129951160924120546-343745114.png

一番下のミニベロロードもどきは買って間もない頃、信号待ちしてるとき、真横から猛スピードのママチャリに激突されてぐんにゃりと曲がりました。
半年くらいかけてなんとか走れるようには矯正しはしたのですが、正直すでに廃車レベルでしょう。

その上のMTBもどきは普段は別の場所に置いてます。そこに置いてるといろいろ便利なので。

なので実質的に手元にある自転車は一番上のドッペル104DPだけとなります。

ミニベロロードもどきはすでに勘定には入れられない。
MTBもどきは盗まれたり壊れたりしても代車を買うことはないでしょう。
ドッペルは盗まれたり壊れたりしたら代わりを購入するかもしれません。そのときMTBもどきが残っていたら買わないかもしれません。
ドッペルとMTBもどきの両方がなくなったら何かを買うことになるでしょう。

正直ママチャリでもいいんですけど。
まあ、それでもせめてこのへんかしら。




考えている「理想の自転車」の姿はあります。
それをほぼ体現してくれている自転車を見つけてはいます。


ただ、これはあくまで理屈の上の理想であって、カリフォルニアスカイRにはなぜか食指が動きません。昔の愛車がミヤタ製やったんでこのメーカーに対する思い入れはかなりあるんですけど。
人は理屈では動かないものですねえ。
きっちりできすぎているからかもしれませんね。なんかとっても生真面目なサラリーマンって感じでとっつきにくいような。
フレームサイズが520mm一択なのもちょっと。コストダウンのためなんでしょうけど。乗るに問題のないサイズではありますが、今はもう少し小さいフレームが欲しいです。

「実用車」ってヤツにも実はけっこう魅力感じてます。新聞配達なんかに使われてるヤツ。ひたすらタフで重い荷物を積める。メーカーサイトによると23.8kg。シングルで、ギア比はよくわかりませんが3より少し小さいくらいじゃないかと思われます。登りは絶望的ですが、こういうので日本一周するのも楽しそうやなあと思えます。ボクがロードレースやってた頃の草レースではこういうので参加してたツワモノもちらほらいてたもんです。そういうボクもジュニア用5段変速だったりしましたが。




なんてことを考えてますが、現実に買うことがあるとしたら次あたりでしょうか。
カルチャーバイクというとこの「ヘンドリックス」という自転車。シンプルに使えそうです。内装3段ってとこもいいです。外装のディレイラーって実はあんまり好きでない。メンテは楽ですが。できれば内装5段とか7段の方がいいかな?ラインナップにはなさそうですが。




もうひとつがボネ ノワールの16インチのランドナー?かなり魅力感じます。でも、おもしろすぎて盗難が怖いですね。




なんですが、必要性とか実用性とか、これからトシとっていくとか、そんなことを抜きにしたとき欲しい自転車はなんやろう?と考えてみました。完全に趣味的に欲しい自転車は?ある意味飾っとくだけでもいいような。

基本、ランドナーが欲しいですね。ここからが本題。
仮想の目的としては日本一周ということにしときましょう。
重量は13.5kg以下あたりを目安にしましょう。もちろん軽いほどいいです。
パーツは基本国産の現行品ということで考えましょう。

大元の台座となるフレーム。
素材はクロモリがいいです。
スマートなホリゾンタルフレームを。
フレームサイズは・・・うーん、高校生、大学生の頃は大きめのフレームを手足のように操ってたという感覚ですが、すでに爺さんに片足突っ込んでるような身としては、身長172センチで、520mmは持て余すかもしれませんね。480mmくらいが適正でしょうけどいっそ420mmくらいの方がいいかもしれません。
色は昔のトレードカラーだった水色にするか、いちばん好きかもしれない色ネイビーブルーにするか。濃い緑色も悪くない。ああ、ブルーグレーなんかもいいかも。第二次大戦中の日本海軍の戦闘機の腹の色よりもう少し濃いめの感じ。ブリヂストンのマークローザミニとかFとかでよく見かける色くらいが。
タイヤのサイズはランドナーですから26インチを。

トップチューブが地面と水平になってる形のヤツがいいですね。

パイプをつなぐラグが多少装飾されているのがいいかな。昔乗ってたのはプツンとぶつ切りにしたようなラグで愛想がなかったんで装飾のあるのに憧れてたりしたんで。

多少は荒れた道も走りたいのでタイヤはそこそこ太めがいいのですが、MTBほどのものは必要ないので26×1.5インチ、ないしは多くのママチャリと同じサイズでもし道中でトラブったとしても入手しやすい26×1 3/8インチのサイズがいいでしょう。いちおう仮想目的が日本一周なんで。
リムはアルミで。アルミの鈍い輝きはけっこう好きです。アラヤでしょうね。
とりあえず輪行する予定はないのでハブはクイックレリースでなくてもOK。できれば昔よく使っていた蝶ネジで留めたい。クイックレリースは忙しい感じがしてランドナーに似合わないような気がする。

ハンドルは当然ドロップハンドル。
ただしレース感がないゆったりしたのを。いわゆるランドナーバー。
当然のごとくニットーになるでしょう。
セミドロでもおもしろいかもしんない。ギリギリランドナーでいけるでしょう。

バーテープは革製がいいだろうけどこだわらないのでコルクっぽいのがいいかな?

ステムは当然スレッドステム。

ブレーキレバーは補助レバー付きのものを。ヨシガイさん(ダイアコンペ)が出してくれてます。




ブレーキ本体はランドナーですからカンチレバーブレーキを。
ゆったり走るのでそんなにキュッと効く必要もないですし。
上のレバーと相性がわるいようやったらセンタープルブレーキでもいいです。扱いに慣れてるので。

ギア比は今は考えてないけど、速度よりはゆったり走るためのギア比の構成にしたい。
登りも多いだろうから(個人的に常に登りに意識が向いているし)クランクセットは3段でレース色の少ないものを。
コッタードで2段でもいいです。それでは全然現行品ではないですね。

リアのスプロケットはレトロに5段でいいのですが、入手も難しそうだし8段くらいでよいです。ボスフリーでなくハブフリーになりますね。現行品と考えるとそうなってしまいます。まあボスフリーもママチャリとかでは現行品ですが。ボスフリーにすると選択肢はほとんどないですが。

変速機も現行のでいいです。シマノの中級クラスので。
ただ、正直あまり美しいのがないので(速度を出す自転車用と考えたら充分ですがメカ的な古めかしさが欲しいので)、入手可能ならたとえばサンツアーの前後にしたかったりしますが。性能的にはだいぶ落ちるでしょうしそれこそ現行品でなくなってしまいますけど。

変速レバーはあえて扱いにくいダウンチューブに付けるタイプを。そんなにしじゅう変えないよということで。
前後ともフリクションタイプで。8段ともなるとフリクションでは扱いにくいかもしれませんが。

泥よけは当然必要です。機能としてもですが、外見にとって。アルミの銀色のがいいです。高級な鍋のような叩き出しっていうんですか、ああいうのも良さそうやけど、高くつきそうなのでそこまででなくていいです。

スタンドは多少頼りないけどアルミ主体のもので、センタースタンドがいいかなあ。ランドナーと考えると普通のサイドスタンドでもいいとは思うけど。

フレームにはボトルの台座と、フレームポンプを付ける台座が欲しいけど、昔ながらのフレームポンプって最近見かけないので小型のをバッグに忍ばせるつもりで、ボトルの台座を二つ用意しときましょう。汎用性高いし。シートチューブとダウンチューブにひとつずつ。

サドルは革製ですね。ブルックスほど高級なのでなくてもいいので。
サドルバッグなどを付けられる金具が付いててほしいです。

バッグはサドルバッグが好みなのでフロントキャリアは必要ないんですけどランドナーらしさを考えるとアルミパイプのフロントキャリアはあった方がいいかなあ。
仮想目的が日本一周なのでリアキャリアも必要か。パニヤバッグを付けることも可能な、やはりアルミパイプのキャリアを。ニットーさんでしょうね。

ペダルは三ヶ島製でしょうね。このへんかな。




トゥークリップとストラップはつけときたいですね。普段はゆるゆるにしといてすぐ抜くことができるように。それでも登りのとき引く脚を使えるからすごく楽になります。

とりあえずこんなものでしょうか。
きわめてオーソドックスやけど、金はかかるという感じですね。
それでも上等なロードバイクほどにはならんでしょう。
思いついたらまた書いていきます。
具体的なパーツもいいのを見つけたら追加していきます。

あ、そうそう土台にする自転車があった方が便利でしょう。比較的安めのランドナーで。
まあこの辺かな。


選んだ理由はもちろん安さと、そしてメーカーに対する信頼度ですね。ボク的にはここのリムは絶対って感じで。
でも、写真とか見てるとトップチューブが水平でないみたいな感じですね。そこだけがちょっと。

個人的にはミヤタに思い入れがありますがミヤタの安価なランドナー(ボクは聞いたことなかったんですけどスポルティフってヤツかもしれませんが)、フリーダムスポーツはボスフリーのようなんでホイールを作り替えなアカンからめんどいし、お金もかかって元の安さが意味なくなってしまうんで。でも、考えてみたら昔ランドナー欲しかった頃の仕様は前2段、後5段の10段変速で当然ボスフリーやったわけやしかまへんか?
ブレーキがカンチやないみたいやけど目をつむって。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日の建築物 [大阪の建築物]

今日は私用で会社をお休みさせてもらいました。
で、その用事のために自転車で走るコースにも名建築がいくつかあるので、ついでに、という感じで撮影してきました。
というか、今日のは大阪市でも最もメジャーな建築群ですね。

2日に一度は渡ってる橋の途中のここから螺旋のスロープを降りると
2016-11-16 09.54.00.jpg
中之島に降りられます。
2016-11-16 09.53.45.jpg
大阪の人だったら今日のコースはわかってしまいますね。
バラ園のあたりは散策には心地よいです。

大阪市でなら最初に出てくる建築物。
中之島の中央公会堂。
2016-11-16 10.08.53.jpg
正面から。
2016-11-16 10.11.40.jpg
大写しで。
2016-11-16 10.11.20.jpg
以前はよくここの食堂で昼食をとっていました。わりと安くておいしかったですよ。こちらの職場が移転してからなかなか来ることができなくなりましたが今はどうなんやろう?

その裏にある中之島図書館。
2016-11-16 10.14.17.jpg
正面から
2016-11-16 10.15.01.jpg
大写しで
2016-11-16 10.15.37.jpg
高校のとき大阪市に転校してきて以来よく来た図書館です。一時は毎日のように来てましたね。行列ができてた自習室目当てではなく本を借りにです。
今は図書館としてのメインの業務は東大阪市の大阪府立中央図書館に移転して、こちらでは大阪に関する資料とビジネス対応って感じになってるそうです。

いわゆる名建築ってやつではないですが、大阪市庁舎もこの一帯の雰囲気を壊さないような作りになってると思います。
2016-11-16 10.17.16.jpg
2016-11-16 10.17.26.jpg

この周辺に「北大阪サイクルライン」の起点があるはずですがそれらしい標識は見つかりませんでした。ここからさっきの螺旋のスロープを逆に橋に上がり大川河岸の公園を抜け淀川に出、鳥飼大橋で北に進路を取りモノレールとともに万博記念公園まで行くコースです。

次はすぐそばの日本銀行。
2016-11-16 10.21.11.jpg
2016-11-16 10.24.08.jpg
2016-11-16 10.24.22.jpg
2016-11-16 10.25.52.jpg
風格がありますね。

次はダイビル。
2016-11-16 10.34.23.jpg
新しいビルの中に古いビルが埋もれてるようにも見えますがどうなんでしょう?

こっちが本命のダイビル本館。
2016-11-16 10.35.37.jpg
2016-11-16 10.36.53.jpg

次はリバーサイドビルディング。
2016-11-16 10.41.23.jpg
近寄るとただの雑居ビルのように見えます。
2016-11-16 10.42.01.jpg

次は大阪教会。
2016-11-16 10.53.00.jpg
2016-11-16 10.51.00.jpg
2016-11-16 10.51.45.jpg
2016-11-16 10.51.35.jpg
今日の中では最も見つけにくかったですが、始終通ってる道のすぐそば、一本向こう側にありました。これまで気づかなかったなあ。もったいないことで。

最後に新桜川ビル。
2016-11-16 15.23.11.jpg
2016-11-16 15.22.34.jpg
いきなり場所が飛びますが、今日の目的地のちょと向こう側です。
ここはよく前を通ります。風情のあるビルやとは思ってました。

あとはおまけ。
大きなビルにはさまれた小さなビル。なんか気になります。
2016-11-16 09.59.17.jpg

とある公園にて仲睦まじいハトと
2016-11-16 12.37.49.jpg
落ち着き払ってひなたぼっこしてるハト。
2016-11-16 12.38.39.jpg

自転車の車体をすり抜けた光線がなぜかプリズム状態に。
2016-11-16 12.22.06.jpg

今日の建築物 [大阪の建築物]

今日も今日とてゆらゆらと建物見物にでかけてきました。

その日の拠点をどこかに設定して、ちょっと見ては拠点に戻るという形がいいかなと思います。
一筆書きのようなコースを作って連続して見ていくのが合理的とは思いますが、なんだかせわしなくてこういう物好きな散歩には似合わない気がします。
ちょっと見たら戻って、休んで、間食して、コーヒー飲んで、地図見て、次に行くとこを決めて、ようやく自転車にまたがる。
そんな感じで。

とりあえず最初の拠点には馴染みの靭公園を選びました。
今日はいい天気で気持ちよかったです。空いてるベンチ探すのがたいへんでした。

本日最初に行ったのは「西長堀アパート」。
2016-11-13 10.09.29.jpg
2016-11-13 10.07.35.jpg
最近改装したという話を聞いてます。
住みたい公団住宅です。
中央図書館がお隣にあるのがいいなあ。
事務所に人がいてたんで、飛び込んで「今募集ありますか?」と聞こうかと思いましたが、そこまで決心が強いわけでもないのでやめときました。一度調べてみよう。
下は中庭からです。街中ですが意外に静かでした。
2016-11-13 10.11.53.jpg

次は「オーガニックビル」。
2016-11-13 10.46.01.jpg
2016-11-13 10.47.56.jpg
2016-11-13 10.46.57.jpg
これはどう見ても新しいコンセプトのビルですね。
正直、このビルで働きたいとか暮らしたいとかは全然思えませんが、初見やと目を見張ることにはなるでしょう。

次は「長瀬産業 大阪本社ビル」。
2016-11-13 10.51.46.jpg
2016-11-13 10.50.59.jpg
「いかにも」なビルですね。「オーガニックビル」で驚いた目にはやさしいです。
街中のビルは撮影場所が難しいです。ビルの建っている歩道からやと近すぎて全景が見えへんから。上は向かい側の歩道から。下はビル側の歩道で。
2016-11-13 10.42.25.jpg
2016-11-13 10.42.16.jpg

次は「立売堀ビルディング」。
2016-11-13 11.00.08.jpg
2016-11-13 11.00.59.jpg
ここもいかにもですね。
「立売堀」と書いて「いたちぼり」と読むのを初めて知りました。元が大阪人やないからなあ・・・
前まで行くと説明板がありました。
2016-11-13 10.56.39.jpg

次はオリックス本町ビル。
2016-11-13 10.33.52.jpg
2016-11-13 10.37.09.jpg
う〜ん、どうみても普通の新しいビルです。
なんで「生きた建築ミュージアム」のリストに入ってんのやろ?まあ、現役の建築であるのは間違いないけど。何か見逃した特徴があるんかもしれへんなあ。

今日はここまで。次回はいつになるかわかりませんが、やはり靭公園を拠点にと考えてます。

ドッペルギャンガー 104 DPハンドル交換 [ ちび自転車たち]

買ったばかりでいきなりですが、ドッペルギャンガー104DPのハンドルを交換しました。
これまでノーブランドの「なんちゃってMTB」に付けて調子がよかったハンドル、プロムナードハンドルです。交換しました。
これを付けるということは「ゆっくり走る」という宣言のようなものです。
そして、ボクのメイン自転車にするという自分自身への宣言でもあります。

これ
2016-11-03 08.26.15.jpg
が、これ
2016-11-12 15.10.21.jpg
になりました。
横からではよくわかりませんね。
こんな感じ。
2016-11-12 15.10.32.jpg

最初からこうだったというような顔です。

走ってみるととても快適です。フラットバーよりも足も軽く感じます。登りにも強かったように感じます。

元々小回りがきくわりに安定感のある車体でしたが、もう自由自在に扱える感じです。完全にコントロール下に置けている実感。

完全な直立姿勢ってのはママチャリ以来久しぶりですが、こんなにラクやったんやと改めて思いました。
特に腰から背中にかけてがラク。
それだけ全身のチカラを使わないハンドルという意味でもあるので高速走行には向いてませんが。ゆっくりと街中を走るにはとっても向いてます。
直立は何より大切かもしれない視野もすごく広くなります。風景もよく見えます。お散歩の醍醐味。愉しいです。
そして周囲の状況の把握が容易になります。ボクは交通法規は基本守ってますし、マナーもなるべくよく走ろうと意識してるので、コントロールしやすさも相俟って自分が原因の事故はまず発生しないんじゃないかと思われます。
まあ、こっちがどんなに丁寧に走ってても乱暴な運転で魚雷のように激突しようとしてくる自転車などはあるんですけどね。そしてそういう人に限ってこちらが悪いと主張してきそうな気がします。右側通行してる自転車ほど対向自転車を避けてくれないですからね。
脱線しましたが、ともあれプロムナード、104にはとってもいいんじゃないでしょうか。

直立姿勢はショルダーバッグをかけて走れるのもけっこうメリットかも。ちょいと何かを取り出すというのがとても簡単になります。サドルバッグや背負うバッグではそうはいかない。

あと、プロムナードハンドルってのはなぜか走行感覚が悪くないんですよねえ。縦に持つからか。
意外に登りにも強いし。脇が締まるんでサドルを高くしておけば(それがミソ)すごくチカラが入りやすい。エンド部分を少し下げ気味にするとさらに。サドルの先っぽにお尻を引っ掛けるようにして、よいしょ!と重い荷物を持ち上げる感覚でいけるんですよね。

ただ、重心が後ろになってウイリー状態になる可能性が高くなったかも?今のところはそんな風情は出てませんが。やっぱり104のホイールベースが16インチにしては長くとられてるのが効いているのかもしれません。

ついでにしばらく前にヘルメットもゲットしました。
2016-11-12 15.12.14.jpg
なくても走れるのでこれまで先延ばしにしてきたのですが、これからはそれほど無駄遣いもできなさそうなので入手しとくべきものは今入手しておかないと、と。
まあ、ヘルメットは自転車に乗る人にとってある程度義務かと。
とりあえずは自転車に合わせてドッペルのを。安いし。まあたしかに、発泡スチロールっぽいのが表面に出ている安っぽいモノです。

同時にサドルバッグも。
2016-11-12 15.12.04.jpg
40年前からフロントバッグはなるべく使わずサドルバッグ単独使用派です。キャンプなしでビジネスホテルやユースホステル利用のみならサドルバッグだけで1ヶ月くらいの旅はしてました。
今回買ったのは当時使ってたものよりは随分小ぶりです。が、工具とその日の食料を入れておく程度の用途には充分でしょう。おそらくもう泊まり込みのサイクリングはしないでしょうし。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

トラベラーズノート・パスポートサイズ・キャメル購入 [文具]

2〜3ヶ月に一度くらいは寄る文具屋で、そのとき必要だったタイプのペンを購入したとき、トラベラーズノートのキャメル色のがあるのに気づきました。
これはたしか以前、期間限定で販売されてた色。
とうとう一度もお目にかかれないまま終わりました。
それとまったく同じ色かどうかはわかりません。
スターフェリーとのコラボレーションの似たような色のは連れ合いの誕生日にプレゼントしましたが。これは革に裏地のようなものがあったような。普通のトラベラーズとは異なる感じでした。

元々こういう色の方が好みなので、最初からあればその色を買ってたでしょう。
が、ボクが購入した当時は、黒色と茶色(焦茶色?)しかありませんでした。
今回かなり気を惹かれてました。

この文具屋は誕生日になるとその月だけ使える500円の金券(といってもプリントごっこで印刷したようなハガキですが)をお得意さんに送ってくれます。ボクもどうやらお得意さんらしいです。今年もハガキが送られてきました。

ではまあこれを利用してトラベラーズ買ってみようかとなりました。
完全にお店の思惑にはまってますが。
まあ、定年祝いということで自分自身への贈り物と考えましょ。

サイズは・・・大きいサイズの方は今使ってる茶色のがあるのでそれでいい。
パスポートサイズは前使ってましたが、今は持ってないのでこのサイズでいいでしょう。
ということで買ってきました。
希望よりは少し茶色い感じです。もうちょっと白っぽい方がいいのですが。
2016-11-12 15.13.41.jpg
来年の日記用とお仕事用の手帖はすでに他で用意しているのでトラベラーズノートにはもっと別のことを書いていくことになるでしょう。何を書こうかけっこうワクワクしてます。
文字を手で紙に書くことで生きてることを実感してるようなところもあるので、ナンボでも書くことは見つけることができます。手帖の雰囲気に合ったようなことを書きたいものです。

個人的に、手帖はセクション(方眼)の入っているものを使います。
でもトラベラーズノートではフリーメモや項目の多い何かに使おうとするとき「軽量紙」も多用します。
今回のでは軽量紙を使うようなことをと考えてますが。
とりあえずは以前使ってたパスポートサイズに入ってたリフィルを入れときましょう。

キャメルは経年変化がはっきり見えそうで、革がうまく育ってくれるとさらに書くのが愉しくなりそうです。

今日の建築物 [大阪の建築物]

きょうは別に建築めぐりをしたわけではないけれどやらなアカンことの途中の道でいくつか。
まずは造幣局向かいの「泉布観」。先日の「生きた建築」のリストにも入っています。
2016-11-12 08.46.37.jpg
2016-11-12 08.48.18.jpg
2016-11-12 08.52.16.jpg
改装する前の風情の方が好きやったけど。

次はその同じ敷地にある「旧桜宮公会堂」。
2016-11-12 08.47.04.jpg
2016-11-12 08.50.28.jpg
2016-11-12 08.50.43.jpg

次は「高麗橋野村ビルディング」
2016-11-12 09.09.21.jpg
上の2階分が取って付けたように見えます。後からの増設かもしれません?
1階のサンマルクカフェが目立ちます。よく横を通りますが入ったことはないです。雰囲気がいいそうです。

「オペラドメーヌ高麗橋」。
2016-11-12 09.11.57.jpg
2016-11-12 09.13.39.jpg
今は結婚式場のようですね。玄関で新郎新婦が記念写真撮ってる横をときどき通ります。

本日の収穫はこの4つ。

定年でした [てちょうのよはく]

昨日、定年でした。
ひとまずホッ。
でも退職はせず今日から再雇用でこれまで通り。
ここ数日バタバタしてて、そんな話もう吹っ飛んでましたけど。

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪 [大阪の建築物]

「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」ってイベントをやってるようです。
どんなラインナップか興味があったのでサイトを見てみました。
公式サイトはこちら。
昨日と今日がイベントの日で、今年で3年目、76建築が参加しているようです(建築物のリストは下に)。
古いものだけではないようです。

事情があって、これからしばらくあまりウロチョロできそうにないのですが、大阪市内ならどこをさまよっていてもおそらく行かなアカンとこにすぐ駆けつけることができる。
このラインナップの建築物を自転車で少しずつ見て回るのも悪くないなあと思いました。こういうのに向いたマシンも入手したとこだし。
とりあえず、外観だけ見られればいいかな。
これらにだけこだわる必要もないので、ついでに、他の建築物も見ればいい。

早速始めました。
わざと曖昧な情報までしか控えないでおいて、その近くをウロウロ探してみるという愉しみを作りました。だから建築物ひとつずつ見るのに時間がかかるはず。ゆっくりとね。やっていこう。

まずは近場で探す必要もないのから始めました。
大阪府庁。
2016-11-06 09.00.06.jpg

そこからちょっと西に。
山本能楽堂。
2016-11-06 09.12.41.jpg
2016-11-06 09.14.06.jpg
前で写真撮ってたらおばちゃんが不思議そうにボクを見ながら建物に入っていきました。

次にちょっと北に。
安井建築設計事務所本社ビル。
2016-11-06 09.54.27.jpg
外観は普通のビルです。中身を見てみたい気もします。
ここはしょっちゅう通る道から数十メートルのところでした。ちょっと離れて「あれ?ここなんか記憶ある場所」と。いつもと違う方角から入ると違って見えるもんです。猫町現象ですね。

ちょっと北西に。
ルポンドシエルビル(大林組旧本店)。
2016-11-06 10.02.33.jpg
ここもよく通る場所で以前から存在には気づいていました。来歴とかは知りませんでしたが。
ここは本格的にイベントに参加してるようで、なんらかの展示が中にあったようです。どうしようか悩みましたが、時間もなかったので泣く泣くパス。

その近くにもなにやらいわくありげな建物が。
名称不明。
2016-11-06 10.01.09.jpg
角っこで細いです。

今日は安藤忠雄さんの「日本橋の家」の中に入れそうな話やったんで、実はそれだけはイベントに参加してみようと思ってました。ので、ここから急転、南に向かいます。

その途中でひとつ。
船場センタービル。その端っこでしょうか。
2016-11-06 10.14.55.jpg
これもある意味名建築かもしれません。

さらに南に。けっこうな雑踏の中をすり抜け。お目当ての、
日本橋の家。
2016-11-06 10.37.38.jpg
誤算でした。えらい人が並んでた。こんなもんにこんなに人が並ぶほどの関心が世の中にあるとは思ってもなかった。ボクは建築やってたんで関心あってしかるべきではあるのですが。
並んでまで見ようとは思わないなあ。ということで外観だけパチリ。

今日はもう帰ります。
その途中で。
近鉄上本町駅。
2016-11-06 10.49.37.jpg

そのすぐ近くに。
近鉄本社ビル。
2016-11-06 10.56.09.jpg
近寄ると。
2016-11-06 10.55.29.jpg
これは村野藤吾さんの設計だったと思います。たぶん。

しばらく行くと、ただの古い民家が。
2016-11-06 11.06.20.jpg

建築物のリストを下に


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

久しぶりに鶴見緑地に [ ちび自転車たち]

ちょっと心配事ができて、家から離れにくい状況になっているので、近場の鶴見緑地に散歩に行きました。
2016-11-03 09.39.47.jpg
2016-11-03 09.40.10.jpg
2016-11-03 09.43.21.jpg

ガンカモ系の渡り鳥も来てました。
2016-11-03 09.37.02.jpg
2016-11-03 09.37.18.jpg

陽がまぶしくてうららかでした。
2016-11-03 08.54.26.jpg
2016-11-03 09.03.16.jpg
2016-11-03 09.03.28.jpg
2016-11-03 08.56.09.jpg

たくさんの人が犬の散歩に来ていたのですが、それを眺めながらドッペルギャンガー 104 DPはダックスフントに似ていると思いました。
「次は?次は?どこ行く?どこでも行くよっ!!」と待ってる感じ。
2016-11-03 08.26.15.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感