So-net無料ブログ作成
検索選択
綺譚の箱庭 ブログトップ
前の15件 | -

杜小雷 [綺譚の箱庭]

杜小雷の妻は盲目の老母にいやがらせをした。

その夜、妻は豚に変じた。

「聊斎志異」第1巻84頁


不思議な顔 [綺譚の箱庭]

従弟の家に怪物が出るというので退治することになった。

すごくヘンな顔の怪物が出てきたので鉄砲で撃つと、あっさり壊れてしまった。

そいつは甕(カメ)の化け物だったのだ。ヘンな顔は、家の子どものいたずら書きだった。

「中国怪奇小説集」P.332


首の飛ぶ女 [綺譚の箱庭]

将軍のやとった女は夜中に眠ると、耳を翼にして、首だけが飛んで外出する。

身体に戻ることができないと、死んでしまいそうになる。

クビ!にしたが、よくよく聞いてみると、落頭民という人種の特徴で、化け物ではなかった。

「中国怪奇小説集」P.22


羅刹海市 [綺譚の箱庭]

金持ちで美形で頭脳明晰、歌や舞が好きな青年が大羅刹国に流れ着く。

そこは顔の美醜が逆転した国。青年は醜い者になった。

あるとき海に立つと言われる市に行って、竜王の息子と出会う。

で、竜王の姫と結婚する。

3年たち、青年は故郷に帰る。

後に赤ん坊(青年の子)を2人渡される。

少し成長した頃、女(たぶん姫)が現れるがアイテムを渡してすぐ消える。

「聊斎志異」第1巻P.67


宅妖 [綺譚の箱庭]

いろいろ怪しいことの多い家があった。

あるとき大勢の小人たちがやってきて、どうやら葬式をしているらしい。

それを見た男が騒いで他の者がやってくると消えていた。

「聊斎志異」第1巻P.6


辛十四娘 [綺譚の箱庭]

青年が少女(十四娘)をみそめ、血縁の幽霊の援けも得て結婚した。

どうやら異界のものらしいが、気にしなかった。

あるとき、妻の助言に従わない付き合いをして冤罪で逮捕されるが、彼女に救われる。

それからまもなく、妻は代わりの女を置いて死んだ。

しかし、後に十四娘に会った者がいて、彼女はもう仙人になったということだった。

「聊斎志異」第1巻P.46


鞏仙 [綺譚の箱庭]

道士が王に合おうとしたが、追い払われた。

道士は術を使い尊敬を得た。

事情のある恋人たちに、袖の中で逢引も出産もさせてやった。

産の血で穢れた衣服を取っておくと、道士が死んだ後にもご利益があった。

その後、死んだと思われた道士に会った者が現れ、調べると棺は空だった。

「聊斎志異」第1巻P.34


妾撃賊 [綺譚の箱庭]

本妻は妾をいじめまくっていた。

あるとき賊が入った。

妾は棒で全員を叩きのめしてしまったのだった。

実は槍棒の秘術を身に付けているのだとか。100人くらいは平気なんだとか。

本妻はビビったが、妾は本妻を立てつづけた。

「聊斎志異」第1巻P.32


西湖主 [綺譚の箱庭]

湖で竜を助けた青年が、後に同じ湖で遭難して、不思議な場所に出た。

そこで、助けた竜と再会し、竜の娘と結ばれる。

しかし、どういうわけかまったく同時に現実世界でも彼は生活していたのだった。

「聊斎志異」第1巻p.17


あくまでも手持ちの中から選びます [綺譚の箱庭]

要約のための参考資料はおおむね以下の通り。

神話・説話のたぐいから、個人の小説作品まで含めます。

  • 聊斎志異(全4冊)◆蒲松齢/柴田天馬・訳◆角川文庫
    • 中国の、古うい、酔っぱらった夢。おかしなヤツだから、好むのか、意外にまともだから

好むのか、ぼくにはわからない。あだっぽい訳は、夢に色をつけた。

  • 中国怪奇小説集◆岡本綺堂◆旺文社文庫
    • 中国綺譚のコンビニ。いつでもどこでもおかしなお話を傍らにおいておきましょう。ちょっとヒマができたとき、読む本がなくなったとき、適当にページを開いたり。あなたの想像力を試す、あっさりと、小さな世界。無尽蔵に膨れ上がる、小さな世界。ちょっと読んで、ぼーっと、遊んでみましょう。現在旺文社文庫版は絶版、光文社文庫版が出ています。岡本綺堂/岡本経一・解説/海音寺潮五郎・序…光文社文庫1994年。

予定

神話・伝説などを収集したと言えるもの
  • 鳥山石燕 画図百鬼夜行◆国書刊行会
  • 和漢三才図会(全18冊)◆寺島良安◆平凡社・東洋文庫
  • 竹原春泉 絵本百物語◆国書刊行会
  • 全国妖怪事典◆千葉幹夫・編◆小学館ライブラリー
  • 山海経◆高馬三良・訳◆平凡社ライブラリー
  • 水木しげるの妖怪文庫(全4冊)◆河出文庫
  • 地獄の事典◆C・ド=プランシー◆講談社+α文庫
  • モンスターコレクション◆安田均+グループSNE◆富士見ドラゴンブック
  • ギリシア・ローマ神話◆ブルフィンチ/野上弥生子・訳◆岩波文庫
  • ギリシア神話小事典◆エヴスリン◆現代教養文庫
  • 耳嚢(全3冊)◆根岸鎮衛◆岩波文庫
  • 江戸怪談集(全3冊)◆高田衛・編+校注◆岩波文庫
  • 唐宋伝奇集(全2冊)◆今村与志雄・訳◆岩波文庫
  • 日本怪談集 幽霊編(全2冊)◆今野円輔◆中公文庫BIBLIO
  • 列仙伝・神仙伝◆劉向+葛洪/沢田瑞穂・訳◆平凡社ライブラリー
個人の作品
  • 百物語◆杉浦日向子◆新潮文庫
  • 僕僕先生◆仁木英之◆新潮社

綺譚の箱庭 [綺譚の箱庭]

ちょっとおかしな話を集めてみましょう。

聊斎志異」のページと「中国怪奇小説集」のページにもあります。
というか、もともとそちらの方がメインでしたが。

まあ、はみ出していってるのをここに集めていきます。

続きを読む


誰? [綺譚の箱庭]

女が真っ暗な廊下を歩いているときすごく疲れた青白い顔の自分が姿見に映ったのだがあとから考えてみるとその廊下には鏡なんて一枚もないのだった。(『日本怪談集 幽霊篇・上』より)


参考資料 『江戸怪談集(全3冊)』岩波文庫 [綺譚の箱庭]

江戸時代の怪談を集めた選集。上の文章は江戸やのに関西弁ふうに要約してみたり。

オンライン書店ビーケーワン:江戸怪談集 上 オンライン書店ビーケーワン:江戸怪談集 中 オンライン書店ビーケーワン:江戸怪談集 下


五ひきのもののけ [綺譚の箱庭]

あやしいゆうて評判の寺で旅の坊さんが一夜を過ごすことになったんやけど出るわ出るわで五ひきものもののけがやってきてあれやこれや脅かすのにぜんぜん動じてくれへんからあきらめて夜明けには帰ってもうたんやけど坊さんなかなか食えんお人でもののけどもの正体を見極めよったんやね殺生はアカンが仏法のためやとかなんとか抜かして檀家の連中に命じてぜぇんぶ退治してもうて自分はちゃっかりそこの寺に居ついたりしたんやて。(江戸怪談集・上より)


前の15件 | - 綺譚の箱庭 ブログトップ