So-net無料ブログ作成
検索選択
パソコン・ネット ブログトップ
前の15件 | -

FREETEL Priori4購入 [パソコン・ネット]

1年ちょい前自転車で信号待ちしてて横から猛スピードで突っ込んできたOLのママチャリにすっ転ばされたんですが、そのとき胸ポケットに入れてたスマホ、ZTEってメーカーの「Blade Vec 4G」が派手に宙を飛んで画面全体がひび割れてしまい、自転車も歪むわで大損害。ぶつかってきた彼女はとっとと去ってしまったけど弁償してほしかった。

ともあれ代わりにとりあえず安いのをと買ったcoviaってメーカーの「FLEAZ POP」ってスマホはもともと容量なかったバッテリーがヘタってしまい1〜2時間しかもたなくなったうえにしじゅうシャットダウンするようになったので、ひび割れZTEを再度使ってたのだけどまともに表示が見えないし電話かけると画面が真っ黒になってしまい精神衛生上よくないので新しいのを物色してました。
ボクはスマホに高性能を求めてないので、遅すぎない限りはなんでもいいです。
(以上2017年01月28日)

でも・・・
できれば今度はバッテリー容量の大きいのがいいなと。

ZTEはメモリカードを入れられない仕様でけっこう不便だったのでメモリカードは使えるものを。
SIMカードのサイズも種類があるようなのでメーカーサイトでちゃんと確認はしないと。

定年になったらあまり外に出なくなってスマホもういらないかもと思ってましたが、結局まだ働いてるしやむなしか。

ちょうどひと月ほど前、FREETELから「Priori4」というのが出ると知り、比較的安価やし、電池容量も大きいということなのでヨドバシで予約しといたのが、昨日届きました。
  メーカーサイトはこちら
新しいマシンの初期バージョンは不備が怖いとこではありますが、こういうメーカーのは大幅な設計変更はせず、おそらく中身はこれまでのを流用してたりするでしょうから案外大丈夫かも?

スマホの箱にしては大きかったですが、ボディの着せ替え用裏蓋が5枚(最初に本体についているのも含めて合計6枚)も入っていたから。必要なのか?とちょっと思いましたが。1000円でも安くしてくれたほうがありがたいような気も。ま、需要はあるのかもしれませんね。

ボクのSIMはSo-netのですがアクセスポイントのリストに入ってましたので即座に初期設定は完了。

基本的に「Pokémon GO」ができるマシンを、というコンセプトのような気はします。ボク自身はこのゲームしませんので速度がどうかはわかりませんが、機能的には充分なようです。

サイズ的には上記ZTEと同じくらいでしょう。ボクの手には少し大きめで右手で操作してると左の上下(特に上)の隅には指が届きにくいです。無理に届かそうとしたら落っことしそうな危うさ。
だからcoviaのは小さいのにしたのですが。
性能は他の安価なマシンとあまり違わない感じ。

表示も問題なくきれいですね。
ヒビがなくなっただけでも嬉しいわけですけど。

プリインストールされてるアプリは少なめでしょう。そのほうがいいですね。
まずオリジナルのランチャーが出てきましたがAndroid標準のに慣れているので停めました。

肝心の電池容量もすごくもつという感じはないかも?もちろんかなりもつのはたしか。
ネットにつながった状態だとそれなりに減っていきますが、基本ネットにつながってない状態での使い方だといつまでたっても残量は減らない感じです。
失望はしないですみそう。
まあ、1年後2年後にどれくらいになってるかですね。

半日かけてほぼこれまでと同じ環境にはしました。
そのためネットにつなぎまくってたのですが、それでも1日後で電池残量50%まだあったので、やっぱりよくもってるのかなあ。上記coviaの電池へたった現状だとすっからかんになっただろう頃にまだ98%残ってましたから。ストレス感じないですみそうです。

あ、画面の保護フィルム買い忘れてた。少しでも割れにくくするために貼っといた方がいいよなあ。それまではとりあえず最初に貼ってあった薄い保護シートをそのまま付けておこう。貼ったままで操作はできるので。

これを最後のスマホにできたらいいなあ。期待。

購入後の状況を下に書いていきます


新しいスマホ「covia FLEAZ POP」来た [パソコン・ネット]

yこれまで使ってたスマホ、ZTE Blade VEC 4Gが先日の事故で大破したので急きょ仕入れました。
シムフリーで良かった。ヨドバシにて。
そこそこっぽい中で安かったので。

covia FLEAZ POPとやら。


Android5.1なのでこれまでよりもバージョンは上がった。
性能そのものはこれまでとほぼ同等のようですが、画面サイズやカメラの解像度は落ちます。
そのへんはあまり気にならないのでかまわない。

箱を開けてみた。
「あ、小さい!」
それが第一印象。
これまでのがボクの掌にはちと大きかったのでちょうどよい感じです。
これだけでも価値はあるか。
もうWi-Fiでしか使ってないiPhone4と比べるとこんな感じ。少しだけ大きいです。


裏蓋は爪でこじあけるタイプです。いやー、チープなやり方。落っことしたりしたらすぐフタが外れそうですね。慎重にやらないと。
小さいし軽いから落としにくいとは思いますが。

SIMカードとバッテリーを入れてっと。

電話の設定はとても簡単でした。
プリインストールされているアプリでAPN設定ができ、それで即通信はできるようになりました。
前のがSo-netの格安スマホやったんですけど設定のリストの中にあるかなと不安でしたがあったので全く問題なかったです。よかったよかった。

今、Wi-Fiに繋いでいろいろ設定したりダウンロードしたりしてる最中ですが、動きはけっこうキビキビしてます。
ダウンロード速度もこれまでのより妙に速い。

前のマシンが壊れたのには、まだマシン代払い終わってないしショックを受けましたが、この新しいマシンはけっこう好みのタイプで、ボクにとってはむしろプラスだったかもしれませんね。最初からこのマシンでも良かった。

解約しようと思うネットサービス本日分 [パソコン・ネット]

@Wikiは長らく使ってきたけど、広告が大きすぎるなあ。短い文だとどこに本文があるかわからなくなるくらい。
自分だけが書き込めるタイプのWikiをひとつは持っていたいけど、しかたない。
ということで、解約しました。
代わりのWikiは・・・手持ちのアカウントの中ではFC2がよさそう?

Facebookは解約しました。時代の趨勢には外れますが思い切りも必要かと。どうしても必要になったらまた始めればいいかなと。
それがなかなかめんどかった。解約できる場所までたどり着くのがたいへん。「設定」-「ヘルプ」に流れて、ヘルプの中に解約への道が隠されてた。

FC2はアカウントを4つほど持ってたのだけど、すでに2つは解約してるもよう。
とりあえずもう一つ削除して、ひとつだけ今のところは残しとく。
上記Wikiのこともあるので。
・・・ひとつ削除しました。

MacBook Airはじめました [パソコン・ネット]

ボクがゲットするマシンは人生でこれが最後になるかもしれないと思ってます。
数年後にはネットからアシを洗うつもりでいるから。

image-20121230000329.png

「今は、まともに動くマシン持ってへんし、最後に買うてもバチは当たらないやろう」

ともあれ、昨日届きました。
もちろん現在遊び中です。
ではどんな感じだったか、今のところを報告。

■1日目

「ふーん、意外に箱ちっちゃいんやなあ。ムカシのMacは冷蔵庫でも入ってんのかゆうくらい大きいのに入ってきてたもんやけどなあ」
石が68K系だった時代にMacは使っていました。
PowerPCになった頃からWin系ONLYになりました。Winが好きというわけではなく、それまでただの趣味、オモチャとして遊んでたPCを仕事や暮らしの道具として使うつもりになったから、メジャーなWinの方がええやろう、と。
まあ、それまではMacだけやなく、MZ-700、MZ-1500、X1、X1turboII、X68000などでも遊んでたんで、完全に使い方がシフトしたゆうことですね。
ちなみに一番好きなマシンはHP-200LXで、次がPCではなくポケコンやけどPC-E500です。どうやら持ち運べるマシンが好みのようです。まあ、この2つはとっても使いやすかったし。遊べたし。

ともあれ、その後も会社ではQuarkXPressやInDesignを使うので、あるていどMacには触っていました。
ただ、今回、久しぶりにプライベートな使い方をしてみて思ったのは、以前感じていたいわくいいがたいクセのようなものが少なくなって、わりと素直な、よく言えば使いやすい、悪く言えば普通の感じのマシンになったかなあというところです。

さて箱から取り出しました。
「うーん、銀色かあ、白色とかなかったんかいな?まあ、どーでもええか」
おや?
「なんや電源コードみたいなんが2本ついてるで」
どうやら短い状態で使うか、組み合わせて長い状態で使うか選べるというだけのようですが、よくわかりません。
まあ、いいや長くして使ってみよう。
「あ、本体と電源コードは磁石でくっつくんや。ええんか?PCに磁石入れてて。パソコンは磁石に弱かったと思うんやけどなあ・・・」
ま、メーカーがやってんのやから大丈夫でしょ。

マシンの蓋を開きました。
「ああ、トラックパッドにはクリック用のボタンとかないんや。パッドをタップして使うんやろうな」
ここらへんから困惑が始まりました。

「スイッチは・・・ああ、右上のこれか」
最初は各種設定です。
Wi-Fiは動いてる状態です。
「うん?決定するためのボタンを押されへんで。どうすりゃいいの?」
いろいろ試して。
「タブで選択を移動して、スペースで決定できるみたいやな」
とりあえず、それで設定は乗り切りました。
iPhoneを使ってるんで、AppleのIDは持ってるから、これまでのいろいろが流用できそうです。

とりあえず、デスクトップが出るところまではたどり着きました。
「あれ〜」
そうです。
「クリックできへん」
なにも選択できない。
カーソルはちゃんと動くし、画面の切り替えなんかもできるけど。
タップ。
ダブルタップ。
「うーん」
トリプルタップ。
「うーん」
トラックパッド乱打。
「クリックできへん」
どうしよう。
でも、初期不良とかではなさそう。ほかはちゃんと動くし。
「仕様やろうなあ。とりあえずトラックパッドの設定でなんとかなるかな?」
でも
「クリックできへんから設定を選ぶこともできへん」

・・・

「ああ、そうや」
F4を押してランチャーを出して、カーソルキーで移動して、設定を選択。
「これはできた」
タップでクリックにチェックが入っていない。
「うん、これのせいやな」
ここにカーソルを当てて、スペース。
・・・
「チェック入れへん」
ふぇ〜ん。
「どーすりゃええのよ〜」
その後いろいろ試すこと30分。

トラックパッドをつくづく眺めています。
「なんか、このパッド、微かにやけど、妙に膨らんでへん?」
おそるおそる押してみます。
タップではなく、ちょっと強めに。
ゴチッ。
「あ」
もいっかい押してみます。
ゴチッ。
「これや〜」
誰がトラックパッド押し込むなんて思いつけるねん!!!!!!
「でも、みんな、できてんのか」
「やっとですね、アホなご主人様」とAirくんが目を覚ましました。
「へぇへぇ、アホで悪うござんしたね」

さっきの「タップでクリック」にチェックを
「ああ、やっと入った」
ふう。

んではまあ、クリックもできるようになったことやし。
「とりあえずFreeMindでもインストールしてみよか(http://freemind.asia/index.html)」
「最初にやることがそれですか、ご主人様」
「だって、オレってFreeMindに依存しきってるからさあ」
「知りませんよ、そんなこと。どうでもいいです」
とりあえずサイトに行ってダウンロードしました。
「なんでβ版なんですか。安定版とやらの0.9.0を選ぶのがいいんじゃないですか?」
「せやけどさあ、ニンゲン、冒険心がないとアカンと思うんや、せやから危なっかしいほうがええんや」
「ええんですか?まあそれならええんですけどね」

さて、ダウンロードしたファイルをダブルクリック(うれしい!!)。
仮想ディスクが出てくるので、その中に入っているプログラムをプログラムフォルダに移動してからダブルクリック。
「このファイルは壊れているので、ゴミ箱に捨ててください」
「えっ?」
「捨ててくださいと言ってます」
「捨てました」
じゃあもう一回ダウンロード。
ダブルクリック(うれしい)。
「壊れてますよ」
「えー?そんなはずないやろ」
その後なんど試しても同じ。
これはもしかして、
「セキュリティが悪さしてるかも」
「セキュリティは悪さなんかしませんよ」
設定の「セキュリティとプライバシー」をクリック。
鍵を外し、「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れます。
改めてダウンロードファイルをダブルクリック。
ちゃんと起動しました。
「たぶん、これで大丈夫やな」
セキュリティを元に戻しときます。
「やればできるじゃないですか」
「ふふん、何年パソコン使ってる思うてんのや。たいがいのことは自力で解決できるんや」
「クリックすらなかなかできませんでしたけどね」
「うっ!」

次はFirefoxのインストール(http://www.mozilla.jp/)。
「Safariも悪くないと思いますがねえ」
「やっぱ使い慣れてるのがええよ」
「まあ、いいんですけどね。単に純正品を使うのがイヤなだけのようにも見えますが」
「うーん、そうかなあ」
これは問題なく、インストールできました。

次はテキストエディタの「mi」(http://www.vector.co.jp/soft/mac/writing/se331164.html)。
「会社で使い慣れてるからな。大量の置換とかがもう少し速かったらええんやけど、正規表現も使えるし、UTF-8もShift-JISも選べるし」
「説明的ですね」
「説明やからな」
ダウンロードファイルをダブルクリック。
「壊れてますよ」
「またかいな」
もう一度セキュリティをいじってインストール。
「やれやれ、融通きかんこって」
「そこがいいとこです」

「ドラッグ&ドロップをトラックパッドをカチッと押したままずるずるやんのは、ちょっと難易度高いんとちゃう?」
「ご主人様がヘボだからです」
「もうええよ、ヘボで。でも、こんなん繰り返してたら、すぐ壊れそうやで。なんとかなれへんの?」
「なりません」
いろいろ試すことまた30分。
ふと気づく「アクセシビリティ」。
「あ、トラックパッドあるやん、これでなんとかなれへんかな」
「あ、その手はありますね」
トラックパッドオプション。
「ドラッグを有効にする・・・んで、ドラッグロックあり、と。これでどないや」
試してみる。
「お、なんとかなりそうやな」
「なんとかなりそうですね」
ウインドウのタイトル部分をダブルクリックして、そのまま動かすとドラッグできる。
「うん、まあ、これだけでもいくらか使いやすくなったかな」
「そうですね、かゆいところにも手が届く私ですね」
「最初からそうしておいて欲しいような気もするけどな」

「さて大物、Dropboxのインストールもしとこう(https://www.dropbox.com/)」
「大物、ですか?」
「うん、そう、Dropbox自体より、それでアンタに流れ込んでくるファイルの量がな、それなりに多いからな」
「ちょっと怖いですね。わたし、ハードディスクじゃないんですよ、大丈夫ですか?」
「容量的には全然問題あらへんと思うけどな」
時間はかかりましたが、とりあえずは終了。

操作性もだいぶよくなり、とりあえず使うプログラムもインストールできた。
次はiPhoneとの連携かな。
「でもきょうはここまで」
「お疲れ様でした」

まあ、そんな感じでした。
なかなかしょーもないとこで苦労しましたが、なんとかかんとかやってけそうです。


■2日目

これを書いてます。


■3日目

「年賀状の時期でもあるし、作成できるようにしとこかな。自分からは書かへんけどさ、返事は出すから」
「メモリの無駄ですね」
「年に1度しか使わへんけど、ウチにあるプリンタがエプソンのやから、やっぱエプソンのツールを使おう」
サイトに行って、アプリケーションをダウンロード。今回は問題なし。
「ドライバも必要やな」
「あ、それは・・・」
ドライバダウンロードのページに行った。
「ん?」
おーや、プリンタを接続してスイッチ入れたら、自動的にダウンロードしてくれるらしい。
なので、そうした。
問題なし。
「つまらないですね、なんの問題も発生しないと」
「せやなあ」

「ああ、そうそう」
「いかがしましたか?」
「せっかくやから、青空文庫を読むためのリーダーも入れとこう」
「iPhoneでいいんじゃないですか?あっちの方が手軽に読めますよ」
「そうなんやけどな、こっちでもなんでもできるようにしときたいんよ」
とりあえず検索してみた。
無料やと「AIR草紙(http://www.satokazzz.com/airzoshi-desktop)」ってのと「AozoReder(https://sites.google.com/site/aozoreaderapp/)」ゆうのが出てきた。
AIR草紙にはブラウザ上で読むためのサイトもあるようだ(http://www.satokazzz.com/books/)。これは便利かも。ともあれ、
「いったん両方ダウンロードして、使い比べてみよう」
「なるべくメモリは節約してくださいね」
「ええからええから、まだまだたっぷりやん」
「そう思えている間が花なんですよ」
「10ギガ切ったら、節約考えよう」
「え、そんなとこまで無駄遣いですか?最近のパソコン関係では10ギガなんてすぐですよ」
「まあ、せやな。すごいもんやと思うわ。むかしプログラム作ってた頃なんて、64キロもメモリがあったら広大な海のような感じがしてたもんやけどなあ、どないしたらそないにメモリ使えるねん、ってな」
「時代が違いますよ。時代遅れとしか言いようがないです。8bitニンゲンには困ったもんです」
「ともかく、インストールするわ」
AIR草紙にはAdobe AIRが必要なんやな、ということで、まずそっちをインストール。
で、次にアプリケーションをインストール。
Adobe AIRを介してなら「ファイルが壊れてますよ」とは言われないでインストールできるみたい。
続いてAozoReaderもインストール。
使い比べてみた。
どっちもなかなか使いやすい。
AIR草紙はファイルをダウンロードせずに読むのかしら?いずれ、いっかいオフラインで使ってみよう。知らんうちにダウンロードしてるかもしれへんし。
AozoReaderはマシンにファイルをダウンロードしてから読むようになってるみたい。
「ああ、AozoReaderは挿絵が見られへんみたいやなあ」
「そうみたいですね」
「モノじたいはこっちの方が好みなんやけど、愛想ないとこがええ」
「ツンですね」
「AIR草紙はちゃんと絵が見える。牧野富太郎の植物関係の中で絵があるのを愛読してるんで、こっちになるかなあ」

■4日目

これの追加を書いてる。

■5日目

MacBookAirがやってきてから数日、家の中ではiPhoneを使わなくなった。
「おや、それは光栄の極み。まあ、兄弟ですから複雑な気分ですが」
ともあれ、一月一日になった。
「今年はよろしくね」
「あんまり酷使しないでくださいね。丈夫なタチではないもので」
「はいはい」
さ、どうなんでしょう?Macらしく脆弱なのか、案外タフなのか。タフであってほしいものです。
とりあえず、この文章はここまででいったん終了。

iPhoneアプリでテスト投稿 [パソコン・ネット]

これはiPhoneアプリで書いている。
あまりメリットはないかもしれない。
メールでも送れるじゃん?
まあ動画や音声もOKらしいのでそっちはメールでは無理かもしんない?
どっちにしろ送らないけど。
写真までやなあ。
ただ、
使い勝手じたいは悪くない。

最初の登録のとこでとまどうかもしんない。
あらかじめPC版のブラウザでそれぞれの管理画面に入り、設定でブログごとのパスワードを発行しとかなければならない。
その長いパスワードをアプリに入力してログインに成功しても右上の登録ボタンを押さないと完了しない。
それに気がつかず「あれっ?」となったもんです。

ともあれ登録に成功したら使えるようになります。
複数のブログを作っている人にはなかなか便利かもしれません。
パソコンのブラウザよりも軽快やから。
この軽快やとブログをevernoteみたいな簡易メモ帳として使えるかもしれません。
ただし二つばかし改善されたら。

他のアプリに切り替えて戻ってきたら必ず再び起動画面からになる。やはり作業中のページを維持してもらいたい。

もひとつは記事一覧画面でカテゴリやタグ等各種の絞り込みができたら。

twitter関連ツールのリンク集 [パソコン・ネット]

「Refollow.com」が有料化に移行するようです。残念・・・




twitterを楽しく使うためのあれこれを少しずつ集めてみようかと。

まず、ミニブログの一覧を。

  • Twitter本体(やっぱりこれが基本?ミニブログの草分け?他のミニブログと比べると利用年齢層が少し高めの気がする。内容も比較的大人な感じ。ネット特有のテンションが苦手な人も比較的入りやすそうな気がする。独り言を繰り返して他者とのコミュニケーションを取らなでいても特に問題ない雰囲気。フォロー相手は最初の一人を見つけるのがしんどいが、あとは芋づる式に。)
  • Woofer(1400文字以上入力が必須のサービス)
  • ちゅいったー(14文字以内しか書けないマイクロブログ)
  • Wassr(以前twitterがよくシステムダウンしていた頃「twitter難民」が避難していたようだ)
  • Haru.fm(見た目は悪くなさそう。Timelogなどはコメントもひとつのメモとして扱われるが、Haru.fmではコメントはコメントとして扱われる。この方が見やすくはある。普通のブログとして使えないこともなさそう。twitterとの連携可能)
  • Amebaなう
  • Tumblr(海外のミニブログ。写真をアップしているユーザが多い。twitterとの連携可能)
  • Timelog(ミニブログ。公開設定を駆使して、ブログとして、メモとして、TODOとして、ソーシャルブックマーク、アルバムとして、プロフとしてなどいろいろ使えるが、それぞれさほど使い勝手は良くはない) - Timelog Wiki(タイムログを便利に使うためのWiki)
  • はてなハイク(テーマを決めてから投稿する。なんとなく笑点の大喜利っぽいギャグの言い合いのような雰囲気になっていてミニブログとしては使いにくいかも)
  • もごもご(国内ではわりと早いうちからあったミニブログ)
  • LOGPI!!(JUGEMのサービス)
  • PIYO(FC2のミニブログ)
  • Feecle(自ブログを構築していく感じ。コメントはコメントして存在する)
  • Himatch
  • つぶろぐ(excite)
  • みんなのつぶやき
  • @flabo(日記とミニブログをSNS的に)
  • jaiku(これも海外のようです)
  • ダメダメ.jp(グチこぼし系?携帯での使用が主なもよう)
  • イマイル(デキゴトを携帯で投稿だとか)
  • Serend(会話系だとか)
  • milog




各種ツールは下に


タグ:リンク集

複数のDropboxの使い分け [パソコン・ネット]

2日後の状況を追加。




Dropboxはオンラインストレージですが、基本的には同期ツールと言えます。
常に最新のファイルを、ネットにつながっているどのマシンでも使えるので、とても便利です。

個人で使っていましたが、仕事でも使いたいと思いました。
みんなでファイルの共有をしたかったので。
とても大切なデータは入れないようにしていますが。

で、困ったのが、個人のDropboxに入っているファイルを会社で使えなくなること。
みんなで共有する部分には置きたくないが、仕事には使いたいというデータやファイルは存在するものですので。
なんとかならないかなあと思っていました。
いっそ、家からパソコンを一台持ってきて個人のDropbox用に使おうかとも考えていたところです。

最近使い始めた会社のWindowsXPのマシンは、立ち上げ時に「ユーザーの簡易切り替えはできません」というような表示がずっと出ていました。
どういうことかな?と思っていたのですが、前に使っていた人が辞めたとき、ユーザアカウントを削除したのだろうと思いつきました。だから今はユーザーがない状態。
「Administrator」でログインする形になっているのです。
自分用のアカウントを作成しようか、と考えたところで、「あ、そういえば、こんな機能があったんや」と。
ユーザーの簡易切り替えはそんなにめんどくさいものでもないので、始終でないのなら実用にはなるかも。

複数のアカウントそれぞれにDropboxをインストールしたら問題ないんでないの?と。

で、やってみました。

まず、念のために、「Administrator」アカウントの、右下のDropboxアイコンから「Preferences」-「Unlink this computer」を選んでDropboxを切り離し、「マイドキュメント」中の「My Dropbox」を他の場所に退避させました。
これで、最悪の場合でもすぐに元に戻せます。

「コントロールパネル」の「ユーザーアカウント」から、とりあえずひとつユーザーを追加しました。
権限は「管理者」です。

Windowsのログオフからユーザー切り替えで新しいアカウントに移ります。
とりあえずDropboxをダウンロードしようかと思ったのですが、「Administrator」の方にプログラム自体はあるので使えないかな?と、一度見てみました。
「Documents and Settings」の中の「Administrator」のフォルダには、入れないかなと思ったらすんなり入れました。
その中には「スタート」メニュー用のフォルダもあるわけです。
その中に「Dropbox」へのショートカットもあるのでとりあえずダブルクリック。
普通に起動してしまいました。
うーん、このまま設定してしまうとなんかヤバいかもしんない?とか思いつつ続行。
個人のDropboxアカウントを登録しました。

問題なく動いてる。
会社の他のマシンで確認しても、そちらには特に影響を及ぼしていないようだし。

Windowsのログオフからユーザー切り替えで「Administrator」に戻り、最初に退避させた「Administrator」の「My Dropbox」を元の「マイドキュメント」内に戻します(できればコピーした方が安全でしょう)。
で、再度Dropboxの設定(メールアドレスとパスワードの入力)をしなおしたら作業終了。
いけるかな?
いけそうだな。

ということで、いまのところいけそうです。
でも、いつか問題が出てくるかもしれません?
大丈夫でしょうか?

ついでにもうひとつWindowsのアカウントを作成して、そっちでも同じことをやってみると、今度は「Administrator」のフォルダに入ることができなかったのでした。これは、なんで?
Dropbox本体をサイトからこのアカウントにダウンロードして、起動したら、設定できませんでした。他のアカウントで動いているからなのでしょう。他のアカウントを完全にログオフしたら可能かもしれません。
まあいいやと、このWindowsのアカウントは削除。

「Administrator」の「Documents and Settings」からもうひとつのユーザーの「My Documents」の中にも入れるし、その逆も可能です。
とりあえず、どちらのユーザにログインしていても、もう片方の「My Documents」中にある「My Dropbox」を参照できるので、ファイルの利用に関しては問題なくなりました。
ただ、同期に関しては、それぞれのユーザに切り替えないと働かないのではないかと思います。
・・・と思っていたら、試してみると、これでも同期が効いているみたいでした。
ということは、切り替えなしで、複数のDropboxアカウントの同期ができているということになりますね。なんだか却って怖いんですけど、大丈夫なのかなあ・・・

再起動したらまたちょっと様子が変わったりして?
怖いので、それはまた明日。

今のところ、ここまで。




上記までの2日後です。

WindowsXPのユーザーアカウントを作成すると、「「Administrator」」にはログインできなくなります。
あれはほかのユーザー登録がないときだけ有効になるという話なので、たぶんそうだろうと思ってましたが。
それでもDropboxのふたつのアカウントとも無事動いているようなのですが、どうも気持ちが悪い。

やはり正統な手段としてはWindowsのユーザーアカウントひとつごとにDropboxひとつずつ登録することではないかと思うので、それをやってみました。
まあ、複数のDropboxアカウントを使い分けること自体が正統ではないかもしれません。データを集中させてこそ意義があるというようなものでしょうから。

ともあれ。

まずWindowsで新規のアカウントを作成しました。
次に、「Documents and Settings」-「Administrator」-「Administrator のドキュメント」に入っている「My Dropbox」を、新規Windowsアカウントの「マイドキュメント」にコピーしました。移動でもいいと思いますが、念のためにコピーとしました。
Dropboxのサイトからダウンロードしていたプログラムを起動(なるべく新しいバージョンがいいと思うので新規ダウンロードしといた方がいいでしょうか)。
いつも通りの設定を行います(このWindowsアカウントで使いたい、Dropboxアカウントのメールアドレスとパスワードの入力)。
それで無事動きだしました。
また問題がでるかどうかはまだ不明ですが、今のところ、ちゃんと動いてます。

標準で複数アカウントの切り替えができるようにしてくれたらとてもありがたいのですけど。

とりあえず、今はここまで。

USBメモリが使えないとなると・・・ [パソコン・ネット]

今後会社のパソコンにUSBメモリを突っ込んではいけないというお達しが出ました。
これはまあ、あるていど仕方ないことなのでしょう。

USBメモリ自体はもう長いこと使っていないので、それ自体は困らないのですが、USBがアカンとなると、おそらくはiPhoneをつなげたり、ポメラをつなげたり、デジカメをつなげたりすることも不可ということになるでしょう。
家で原稿を書いて会社に持ってくるというようなとき、ちょっと厄介かもしれません。

ポメラで書いて会社のパソコンに持っていくのが普通のパターンなのですが、どうすればいいでしょう?
ポメラが生成するQRコードをiPhoneで読み取り、自分のメールに送るのが手っ取り早いパターンかと思うのですが、長い文章になるとQRコードがいくつもできることになるので、それをひとつずつ読み取っていくのがけっこうめんどくさいことです。

家ではパソコンをほとんど立ち上げないので、ひとつ前の記事に書いたDropboxも、家→会社という流れでは、じつはあんまり有効な手立てではありません。変更・追加はほとんど会社で行うので。
個人的なデータはバックアップ以外、パソコン内に置かない主義なのと、これまでの蓄積データがそこにあるということが大きい。

iPhoneのEvernoteで書いておくというのもかなり良い手と思いますが、やはりiPhoneでの文字入力には若干のストレスを感じます。
となるとひと月ほど前に書いたiPhoneで使えるキーボードを買うのがいいかもしれません。
ぼく自身は未確認ですが、Apple Wireless KeyboardがiPhoneでも使えるという話なので、そちらの方がいいかもしれません。

そんなとこでしょうか。
iPhoneとGmailの組み合わせあたりが良さそうです。

それにしても、USBメモリが不可なら、メールやDropboxだって危なそうですね。
それらはどうなってしまうのか心配です。
エスカレートしてスタンドアローンでしか使えなくなったりして・・・

パソコンも、ネットも、絶対の安全なんてない世界なので(まあ、どんなことでもそうなのですけど)、そのメリットを活かしながら何に対して、安全をどこまで、どういうふうに保っていくかというバランスが難しいと思うのですが、Dropboxなどその存在も知らないであろう、パソコン・ネットに暗い人ばかりが上の方にいるので、ちと心配です。

iPhoneのせいで自宅ではパソコンを使わなくなった [パソコン・ネット]

会社では常時パソコンを使っていますが、ここのところ自宅ではまったく使っていませんでした。

特に先月はじめにiPhone4を手に入れて以来、ほとんど必要がなくなったようです。
ちょっと確認したいようなことは、iPhoneで、となってしまいます。

それに、iPhone4も文字入力はやはりパソコンほど楽ではないので、長文はあまり書く気になれず、必然、発信はtwitterばかりでブログの更新が滞ってしまいます。
iPhoneでポメラのQRコードを読み取れるアプリも入れたのですが、それもけっこうめんどくさいし・・・
ポメラがiPhoneのキーボードとして使えたらいいんですけどね。
まあ、たぶんiPhone用のキーボードってのが出てるだろうから、そういうのをゲットするか?

あと、ブログを書くための材料自体が、iPhoneに入っていたりするので、4はマルチタスクになったとはいえ、やはりめんどくさかったり。

ここのところ、休みの日にはブログもお休みです。
なんだかなあ。
そういう日こそブログ日和かもしれないのに。

昨夜、久しぶりにパソコンを起動しましたが、それもiPhone4のOSを更新したり、音楽データを放り込んだりしたかったためなので、パソコンを使おうとしてではありませんでした。

ちなみに最初に放り込んだのは、いろいろ悩んだ末、エリック・サティの「3つのジムノペディ」を含む一枚でした。サティはピアノ曲全集も持っていますが、あまり大量の曲データは入れたくないので一枚もので。
放り込むのはだいたいCD5枚分から10枚分で抑えたいと思っています。

なんかダラダラとでした。

プラグインはフラッシュでないのを選ぼうか [パソコン・ネット]

iPhone用に最適化されてない自ブログを見るときはパソコンのブラウザとおなじ見え方となる(このSo-netブログなど)。
そのときiPhoneはフラッシュが使えないんでいくつかのブログツールが動作しない。
最適化されてるタイプではブログツールなんて表示されないだろうから気にもならないけど見えてるときに動いてないのは気持ち悪いなあ。
フラッシュでないツールにしとくべきかなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

買って一週間でiPhone4に入れた無料アプリ [パソコン・ネット]

いまのところまだ無料アプリしか使わないようにしています。
慣れてきたら有料アプリにも手を出すつもりはあるけどとりあえず。

iPhoneのアプリは直感的な操作なのが多いので、海外産のでも国産のでもあんまり関係ないように思います。適当に使っているうちに扱えてしまうようです。

★メモ

iPhoneはサイズ的にメモマシンとして大活躍できるでしょう。
  • Evernote ネット上にデータを置いて、扱うパソコンすべてで同期させることができる優れもの。なのに無料。1ヶ月で使えるネット上の容量が少な目なのでその辺で稼ぐのかな。テキストだけならなんとかなるでしょう。文字だけでなく、画像、サイト、音声なども登録可能。タグで管理する。標準添付の「メモ」も悪くはないが。


★Twitterクライアント

iPhoneは国内でのTwitter普及の立役者でもあったでしょう。
  • Twitter Twitter標準のアプリ。速度その他総合的に見たら結局これが一番かもねえ。
  • Twit Bird とりあえずこれまで使った中ではいろいろと扱いやすい。
  • TweetDeck パソコンでも使い慣れているのでさほど問題はなし。特に、並べておけるコラムに単語による検索を設定できるのがいい感じ。ぼくは「トラベラーズノート」と「万年筆」を設定しています。
  • NatsuLion 個人的には若干使いづらかった。あくまでも「個人的」なので使用に問題はないと思われます。


★写真

iPhoneのカメラはそれなりにデキがいいように思えます。デジカメとしてもまあまあ活躍させられそう。このマシンの中で写真関係を完結させられれば便利でしょう。
  • SPPhotp Lite 簡単な写真の加工ができる。モノクロ化やシャープネスや黒白の色調をくっきりさせたり。適当に撮った写真をこれで人前に出してもかまわない程度まで変貌させる。ことができるかもしれない。
  • Polarize 写真をポラロイドカメラで撮ったふうにしてくれる。画質はトイカメラ的な周辺部の暗いぼんやりした雰囲気となり、下の方にできる余白がポラロイドっぽい。写真のタイプによってはいい感じになることも多いようです。
  • Simple Resize iPhoneで撮った写真のサイズはけっこう遠慮がないので「芸術性」を求めない人には大きすぎるでしょう。そんな人にはワンタッチでリサイズできるこのアプリを。
  • Photonasis 写真に、簡単にさまざまな効果を与えることができる。個人的にはあまり必要のない効果が多かったので削除してしまいました。


★読書

iPhoneは電子書籍を読むためのマシンとしても便利でしょう。電子文庫本というか。
  • ブクログ 普段の読書メモに使っているので必須。
  • 豊平文庫F 青空文庫を読むために。無料版では30作品まで使える。
  • iBooks とりあえずインストールしたが、使っていない。たぶん「クマのプーさん」英語版がついてきている。


★お絵描き

iPhoneは画面が小さいのでたいそうな絵は描けないでしょうが、指で操作するだけに絵そのものは描きやすいでしょう。簡単な絵を描くためのツールが似合いそうです。
  • Adobe Ideas お絵描きというより手書きメモ帳か。使い途はありそう。
  • PtPeintuLite 扱いやすいと思います。そうですねえ…指に水彩絵の具を直接つけてケント紙の上に描いているという雰囲気で描けます。線はふつうに鉛筆かな。他のをあまり試していないけどiPhoneとしてはベストな感覚かと。


★ゲーム

iPhoneはゲームマシンとしてすでに完成度が高いと思います。今後、携帯ゲーム機最大の敵はiPhoneではなかろうかと思います。
  • 上海Free iPhoneなど画面タッチで操作するマシンのためにあるようなゲーム。昔から遊んでます。個人的にはただのヒマツブシで、きわめようとはしていないので無料版で充分。考えてみたら最初に買ったパソコン版の「上海」はこの無料版ほどのバリエーションもなかったしねえ。
  • ソリティアV これはすばらしい。他はなくともこれだけはインストールしておきたいアプリ。ぼくの荷物の中にはソリティアをするためのトランプが必ず入っています。このアプリにはたくさんのソリティアがいっぱ詰まっていて便利。雰囲気を必要とするときはホンマモンのカードでないとアカンけど。このアプリ、強いていえば大好きな「スパイダー」が入っていないのが残念だった。
  • Spider Lite 上のに入っていなかった「スパイダー」が単体で出ていた。これまでの人生でいちばんたくさん遊んだトランプひとりあそびでしょう。
  • i四川省 Lite 四川省(二画取り)もヒマツブシ用にひとつくらいは入れておきたい。下のと両方使いながらいい方を。
  • 二画取り Lite
  • Minesweeper なじみのあるゲームなので入れておきたい。マスを小さくするとボクの太い指ではちと苦しいかも。


★その他

  • radiko.jp iPhoneがFMラジオになる。とても便利。
  • PomeraQR ポメラDM20で生成できる文書QRコードをiPhoneで読み取るためのアプリ。この文書もこのパターンで。iPhoneで文書を書くのは今のところまだちとたいへんでストレスを感じてしまうからこの形はいい感じ。
  • BeeTagg Pro QRコードをiPhoneで読み取るためのアプリ。まだ使っていないので使い勝手は不明。読み取って、そのサイトにジャンプしたり、お気に入りとしてとっておいたりできるようだ。
  • 電話帳コピー 前のケータイから電話帳データを移すのに一回だけ使った。
  • 科学のふろく 学研の「科学」のなつかしい付録たちのデータベース。ひと通り眺めてみただけだけど、どうやらすべてが収められているわけではないようなのが残念。バージョンアップに期待。
  • Remember The Milk TODO管理の有名ツール「RTM」のアプリ。操作感はとても良好。スカスカ動く。無料では15日間しか使えないようだ。そうなると、とりあえず「Check*pad」をブラウザで使うことになるだろう。
  • はてなブックマーク ソーシャルブックマーク。ふだんから利用しているのであると便利。いろいろチェックしているだけでもけっこう楽しい。簡易ブラウザも内蔵。


★アプリ以外

  • Gmail もともとメールはGmailで統一するようにしているので、携帯のアドレスが必要なとき以外はこちらを使う。メールアカウント登録者時に標準でサポート。
  • カレンダー 標準のカレンダーと普段から使っているGoogleカレンダーを併用。上の「メール」でGmailを設定しておくとあるていど連携させられるみたいなので便利。
  • Googleカレンダー 上記
  • Check*pad TODO管理の有名サイト。これがあるから携帯を使えてたという依存度の高いサイトでした。iPhoneになってどうなるか、ですが。
  • InBook 本からの引用を登録するサイト。iPhoneに対応した操作になっているので便利。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Pocket Wi-Fiの使い勝手 [パソコン・ネット]

pocketwifi.jpgきょうはいまいちPocket Wi-Fiの調子がよくない。
すぐ切れる。
なぜ?

それはさておき、なにもわからないままiPhone4に抱き合わせ的の押し売りっぽく契約させられたPocket Wi-Fiだけどあんがい悪くないかもしれない。

単独で通信能力のあるマシン(iPhone4)なのになんでほかのマシンを経由せなアカンねんと思ってたけど。

同じ3Gのマシンだから通信速度も変わらないんでは?と思ってたけど、Pocket Wi-Fi経由でつないでたほうがいくらか速いように感じる。
気のせいかもしれないけど。

最初は律儀にまとまった通信するときだけオンにしてたけどめんどくさいから今はずっとつけっぱなし。
屋内にいるときは充電しっぱなし。あんまり機械によくないかもしんない。
電池残量が少なくなってから充電するようにしようかな。

わりと依存してきてるなあ。

これがあったらiPadだって使えるわけだし。
ゲームマシンもつなげられるし。

情報を集中させたいが [パソコン・ネット]

情報はあちこちに散らばらさせず、一カ所に集めておきたのですが、なかなかうまくいきません。
メモは書き散らすし、いろんなツールを使ってみたいし、で。

とりあえず次のように考えているのですが。
・公開してもいい情報はブログに全部集める。
・ブログはバックアップ可能であること。
・ブログとtwitterを相互に連携させておく。
・非公開にしたい情報はオンラインのツールで集めておく。

個人的にほとんどテキストデータなので、非公開情報は「紙copi net」で集めています。
でも、今度iPhoneをゲットしたら「Evernoteもいいなあ」と、さっそく分散化の危険が。

読書関係はブログがAmazonに対応しているし、そうでなくともG-Toolsなんかを使ってブログで集めておけばいいと思うのですが、つい「ブクログ」や「InBook」なんかの楽しげなツールに目移りしてしまってます。
基本的にはブクログで登録し、「紹介リンク作成」で取得できるコードを使ってブログを書いとけばいいのですが、この手間がめんどくさくてつい滞りがち。

その他のことでも似たようなことはいろいろと発生して、なかなかひとつところに集められません。
浮気なココロが敵なのですね。
さらに便利そうな何かを使うよりも、多少問題はあっても一カ所に集める方が、最終的には便利なのだろうと思ってはいるのですが。

Twitter連携に注意 [パソコン・ネット]

このSo-netブログのtwitter連携機能をオンしたまま、他のブログからデータを移動したらひとつ前の投稿のようなことになってしまいました。

昨日は本当に焦った。

たぶん、すでに同じことをやってしまった人もいくらかは、おられるのではないでしょうか。
他のブログの機能でも同じことは発生するかもしれませんね。
みなさんもご注意を。

iPhoneに最適化されてないのか [パソコン・ネット]

So-netブログはiPhone用に最適化されてないようですね。
なんとかしてほしい気はする。
前の15件 | - パソコン・ネット ブログトップ