So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

変態前と後の昆虫は同じ個体か? [かすかにさいえんす]

昔から疑問に思っていたこと。
幼虫がサナギになったら、中でいったんドロドロに溶けるそうです。
ボク自身は確認してませんが、解剖した人がいるのでしょう。そうらしいです。
そして成虫へと再構築されるそうです。

そのとき幼虫だった存在と、成虫との間に関連性はどれくらい残っているのか?
また、サナギは生物といえるのか?

遺伝子の設計図に従って再構築されるのだろうし、その遺伝子は幼虫だったときにも保持していたのだろうから、その意味では同じ個体といえるのでしょう。

でも、たとえば人間のような生物に変態が発生したとしたら、脳も溶けてしまうのだろうから記憶や性格は失われてしまうでしょう。
幼虫だったものを材料にして新しい個体がそこで改めて発生したといえるのではないでしょうか。

今はどちらかといえば別の個体といえるんじゃないかと思ってます。

たとえば、よくコラーゲンは肌にいいとされていますが、実際にはコラーゲンを食してもそのままコラーゲンとして使われるわけではないらしいですね。
即効性があるように感じるのは油分とかで肌がテカテカするだけなんでしょう。
で、それを材料に様々な成分に分解し人体に再構築しているそうで、それと似ているかもしれません。
そのとき肌にいい成分が比較的多く生成されるのかどうかは不明ですが。
幼虫はあくまでも材料。

ポケモンの「進化」は実のとこ「変態」に近いんでしょうね。
ただポケモンの場合はサナギ抜きでいきなりなんで、同一個体に見えますが、記憶とか性格とかが保持されてないように見えることもあるのでそのへんは不明です。
サトシのピカチュウが進化したがらないのは今現在の自分を殺したくないからかも?

サナギはおそらくただの防御用のカラなんでしょう。
カイコの繭はどうなんでしょう?あの中で溶けているのか、あるいはあの中でサナギになっているのか、それとも幼虫が少しずつ変化しているのか、考えてみるとよく知りませんね。

ふと、思い出したのが細野不二彦さんの「Gu-Guガンモ」。
はっきり覚えてませんがたしかガンモは鳳凰の卵だったという結末だったような記憶。違ってたらスミマセン。ネタバレでもありますが古い作品なのでご容赦を。
カッコウのような托卵だつたと思います。
で、ガンモはあくまでも卵の殻であって中の鳳凰のヒナとはつながりがなかったのではないかと。
なのでヒナが孵ったときガンモという個体は完全に失われた、要するに死んだという切ない終わり方だったような記憶があります。
サナギってのはそのガンモのような存在なのかも?

もし変態により発生するのが別の個体といえるのだったら、幼虫やサナギってのは哀しみの存在って感じしますね。
nice!(0)  コメント(0) 

計算尺ゲット [てちょうのよはく]

今日、偶然やけど、計算尺を手に入れた。
IMG_2017-07-16_22_15_23_bw.jpg

前から欲しくはあったんやけど、今や計算尺なんて時代遅れのモン、なかなか売ってないんだよねえ。
知り合いの家で死蔵されてるのがあって、もらってきた。

昔おしごとなんかで使ってて、いちおう1級やったか、資格持ってるんやけど、久しぶりなんで使い方忘れてる。
とりあえず掛け算と割り算のしかただけは思い出したんである程度は使えるはず。

今の人には想像できへんかもせれへんけど、近似値しか出されへん計算機です。それで実用には殊に問題はないわけで。

入手したのは以前使ってたヤツよりちょっと小ぶりでカーソルの線も太く精度はさらに低い。
3桁読み取るのはしんどい場合もある。
尺もカーソルも滑り具合がぎこちない感じもある。
前持ってたのがけっこう高級品やったんかもしれへんなあ。

以前は丸くて薄くて小型のものも常に携帯してて普通に使ってた。電卓が登場し普及するまでの話で、廃棄したんやけど後から妙に懐かしくなってきて再入手したかった。
待ち続けたらいつか実現できるもんなんかもね。

次はポケコン欲しいなあ。
できれば使い慣れてたシャープのPC-E500がええなあ。

ま、計算尺なんて実用にはならへんけど遊ぶ分にはええおもちゃやね。
頭の老化防止にもなるかもしれへん。

なにより、
曖昧な答えしか出されへんってとこがええよね。

前カゴつけた [ 80歳で日本一周できる自転車を]

無印のマウンテンルック車に前カゴつけました。
大雨で暗かったので写真が汚いですがもともと低解像度のカメラアプリ使ってるので気にせんでもええか。いずれええ天気のときに撮った写真もアップするでしょう。
IMG_2017-07-09_16_22_26.jpg

自転車のパーツの中でも純正のオプション品でないとけっこう苦労させられることのある前カゴ。リアキャリアなんかもそうですが(あ、そうそう。ついでにリアキャリアもほんの少しだけ前傾にしました。荷物積んだとき間違えても後ろにずれないように)。
買ったはいいが付かなかった、あるいはけっこうな加工が必要ということにならないように、比較的許容範囲が広そうなタイプを購入しました。
ヨドバシで買いましたが、大雨の中配達ご苦労様でした。罪の意識を感じてしまう。
この前カゴはコーナンにもありましたので現物を見ることはできました。ヨドバシの方が安かったのでそちらで。
コーナンにあるということは、こう言ってはなんですが、自転車パーツとしてのグレードは低いものでしょう。
が、付けてみた感じはそう悪くありません。
意外に重さも感じませんでした。

とはいえ、耐荷重は低そうです。2〜3キロくらいかな?
まあ、前カゴに重いもの乗せるとハンドルの操作しにくいのでそれくらいでいいでしょう。
この前カゴのコンセプトはおそらく「コンビニ弁当を運べる」でしょうか。期待値はその程度で。
まだ弁当試してないですけど。

気になるのは、ハンドルに固定する部分。
シリコンと思われるバンドで巻くかたちになってるところ。長持ちするでしょうか?
自転車も傷んできてるし、どっちの寿命が長いでしょうか?と考えると、自転車本体の方が早くダメになりそうなので気にする必要はないかなあ。

とりあえずこれでママチャリ化はひと段落。
ふう・・・
ぽつぽつと進めて1年半を越えたでしょうか。
苦労はしませんでしたが、時間はかかりました。
まずは不満点のあるパーツの交換。
次に軽量化に有効そうなパーツの交換。
そしてママチャリっぽくするために。
上等なパーツは使わないというのが最低限の方針でした。
ホームセンターレベルで入手できるパーツのみで構成したかった。
後の、あるいは日本一周という仮想目的を実現するとしたときのメンテナンスのしやすさを考慮して。
まあ、ホンマモンのママチャリに比べるとヤワそうですけどね。
ママチャリをマウンテンバイクっぽくする方がいいのかもしれなかったけど・・・

先にも書きましたが、そうこうするうちに自転車本体のガタがきてます。こんどは修繕に追われるでしょうか?

大雨になったので今日は試走はしませんでした。
前カゴつける前、午前中になにわ自転車道ベースのコースを55キロほど走ってきましたが。
今日は17キロを巡航速度にしようと思いました。雨降りそうで人の量もいつもより少ないだろうから、この自転車の普段の速度より1キロだけ上げて。感覚だけを頼りに。
スマホのサイコンアプリ稼働させて答え合わせすると結果は平均時速17.1キロ。まずまずうまくいったでしょうか。
このくらいの速度域だと1キロの調整が感覚だけでできるようです。

次の機会に前カゴの微調整しながら走りましょう。








『百姓貴族・2』荒川弘 [読書・鑑賞]

このシリーズおもしろいので、持っておきたいですが、せっかく本を大量に売ってスッキリしたところなので、あんまり蔵書を増やしたくはないなあ。
電子書籍で買うという手はあるかも。

笑いました。
が、笑いごとではない話が多かったりするかもしんない。

豪快というか大らかというか。
もちろん、あえてそういうポーズとってるってこともあるんでしょうけど。

おしごとで十勝毎日新聞読む機会があるんですけど、一面コラム「編集余録」を歌人の時田則雄さんが書かれる回が好きです。
時田則雄さんも「百姓」を自称しておられます。
ちょっとその文章を彷彿とさせます。

それから、十勝毎日新聞や日本農業新聞にも農機具による事故の話はでてきますが、「一瞬で下半身マッパ」どころでないことも多いようです。笑い話で終わればいいんですけどねえ・・・。注意してくださいね。

天の川 [掌編フィクション]

「天の川のうなったなあ」
「見えへんなっただけやん」
「それがのうなったゆうことやん」

 [ゆめばな]

夢を見た。

「○○さんの高っかい着物が行方不明になったんや。探してくれへんか」
「なんでオレが?」
「得意やろ、そういうの」
あっ!!
「そういやこないだ急に豪雨になった日」
「うん」
「竹やぶ管理してるおセキ婆さんが」
「うんうん」
「お手製のすごくデカい傘つくって大勢入れてやってたなあ」
「それかー」
「得意満面って感じやったで。取り戻せるかなあ」
「うーん」

夏って感じ [ ちいさいランドナー]

暑くなりそうやったんで、設定してる最短のコースを走ってきました。
家の中に飾ってる自転車、2回目のお勤めです。
IMG_2017-07-02_08_05_26.jpg
なにわ自転車道ベースのコース。
サドルバッグをつけてみました。中身はカラです。テストのみ。
なかなかお似合いですね。これでいきましょう。

今日もスマホ用サイコンアプリを使いました。
「オープンライダー」とかいうヤツ。ボクには使いやすいです。
スマホがけっこう熱を持ちますが、バッテリー消費は案外たいしたことないです。

距離41.54km。
まあ、最短設定ですんで、ちょっとお散歩って感じですね。

平均時速15.8km。
この自転車では14kmで走ろうと思ってるのでまだちょっと速いです。おそらくは、公道では必ずブレーキレバーに指がかかる状態で走る主義なのでブレーキレバーのブランケットを握ってたのが原因でしょう。この姿勢やとついつい脚が回ってしまいます。
スマホはリュックにしまった状態でアプリを見ながらではないんですが、16kmは出てるやろなあとわかってはいたんですけど、普通に走ったらこうなってしまいました。次はもっとゆる〜くね。

あと、やっぱり暑くなったんではよ帰ろとかいう意識が出たってことがあるかもしれまへんね。
けっこう焼けました。
今風呂入ってきたら肩がヒリヒリした。
膝から下も色がついてた。
上半身裸で走りたかったなあ。

ところで、ホリゾンタルフレームの小径自転車って靴のカカトがチェーンステーに引っかかることがけっこうあるんですけど、この自転車はまったく引っかからない。
なんでやろう?と改めて見てみるとチェーンステーを曲げて引っかかりにくいようにしてました。そういう目的なのかどうなのかはわかりませんが、なかなか芸が細かい。
IMG_2017-07-02_08_06_11.jpg

雨中走行 [ 80歳で日本一周できる自転車を]

無印のマウンテンルック車で雨の中なにわ自転車道を走ってきました。
雨だったのでスマホ出せず、本日は写真なし。
またこんな日はロードバイクがほとんど出てこないので安心して走れました。
なにわ自転車道みたいにあまり広くない道でも30〜40キロ平気で出すんでけっこうこわいです。
特に今は道の両側の草がぼうぼうにはえていて、さらに道が狭くなっているので。

わざわざ雨だからと走ったのです。
ひとつは、ある程度雨でも走りやすいようにセッティングしていたのでそれのテスト。
もうひとつは、先日調子悪くなったギアまわりのどこかの手入れのために。
メンテナンスは走りながらするのがいいです。
想像しうるあれこれに対応できるよう、工具を多めにもっていきました。
ちょっとリュックが重かった。

雨対応はことに問題なかったです。
走りやすかったし、泥が衣服にはねるってこともなかったです。
やっぱり日本の自転車は雨を意識しとかなアカンなあと思います。

さて、問題のギア回りですが、あれこれチェックしたけどどこが悪いかよくわからない。
いちばん可能性が高そうやったクランクもちゃんと締まってたし。
やっぱり前ギアが波打ってるのが悪いのかなあと思い、交換するしかないかと諦めかけてました。

最後に変速機を調整しなおしました。
けっこうめんどうやし、変速そのものの調子は悪くなかったんであまり可能性はなさそうやと最後にまわしたのですが。
結論から言うと、リアディレイラーが原因やったようです。
調整が狂ったというより、ワイヤーが伸びたのかワイヤーとディレイラーの固定がゆるんだんではないかと思われました。あまりガチガチには締めないので。手でワイヤーのチェックをしたときには特にゆるんでるようには思われなかったのですが。
前ギアが波打ってるのも(なんせ無印のいかにも安物っぽいクランクセットなんで)多少の原因やったとは思いますが、おそらくは主にディレイラー。
リアディレイラーをワイヤーから外しアウター×トップから始め、アウター×ロー、インナー×トップ、インナー×ローと、そこそこ厳密に調整し、あとは各段の音を聞き確認してから走ったらウソのように不調がなくなってました。
これでまた当分同じクランクセットを使っていけそうです。無印で重そうだしいずれ交換することにはなるでしょうけど。
ついでですが流れでフロントディレーラにも手を入れました。若干アウター側に変速しにくくなってたので。まずまず楽に変速できるようにはなりました。こっちもワイヤーが伸びてたのかもしれません。

パジャマ [掌編フィクション]

そのパジャマは昼間つぶやいていた。
「ふう、ご主人様はちゃんと畳みもせずあっしをぐしゃぐしゃにしたまま学校に行ってしまうからあっしは苦しい悲しいです」
「・・・なんて愚痴をパジャマはこぼしてるんじゃないかと思ったりしたんやけど」
「いやいや、パジャマ的にはきちんと折り畳まれてぺしゃんこにされる方が圧倒的に苦しんとちゃう?」

『花のズボラ飯』 [読書・鑑賞]

題名は知ってましたが初めて読みました。
図書館に2巻しかなかったのでとりあえずそれを。

愉しくはありました。
でも、ちょっと陰も。

それにしても、この人食べ過ぎでは?
エンゲル係数高そう・・・

リアキャリアつけた [ 80歳で日本一周できる自転車を]

無印の自転車にリアキャリアをつけました。
ので、テスト走行してきました。
IMG_2017-06-18_08_22_18.jpg

ほとんどの自転車につけられるのが売りのキャリア。
たしかに調整できる部分が多くて一定のサイズ以内ならだいたい大丈夫そうです(この自転車は26インチですが700Cでも大丈夫のようです)。
IMG_2017-06-18_08_22_34.jpg
IMG_2017-06-18_08_23_33.jpg
IMG_2017-06-18_08_22_49.jpg
シートステーにダボ穴があればさらにしっかり取りつけられるでしょうけどこの自転車にはないので付属のバンドを使いました。それでも特に問題はなさそうです。強度には多少不安を感じますが。

これでママチャリ化にまた一歩近づきました。
ですが、パニアバッグだって使えそう。
IMG_2017-06-18_08_23_16.jpg
登りにも逆風にも強い。
長距離にも向いていていつまででも走れそう。
無印マウンテンルック車をママチャリ化するのが目的でしたが、これは思いがけなくランドナーに化けたんではないでしょうか?
ママチャリふうランドナー。

今日はスマホ用のサイクルコンピューターアプリを使ってみました。
往復の行きは強い逆風でしたが元気なうちにとスピードを出してみました。軽いギア比で回転数が激しくなって可笑しくてトップスピードの80パーセントくらいの感じでやめましたが。それで33.3キロ。
無風状態で、サンダルではなくちゃんとした靴で、かつギア比はかなり小さくしていたのを大きなギア比にしたらこの自転車でも48キロくらいは出せそうです。50キロと言わないのは遠慮。
快走系の自転車と較べれば遅いですが、この自転車の仕様でそんだけ出れば充分。もともと遅く走るために作っているので。
走行距離は63キロ。平均時速は16.8キロ。
当初は15キロで走るつもりで、スマホ見ながら走ったわけではないですが前半は平均14.8キロとほぼ狙い通りだったのですが・・・。
帰りにギアの調子が悪くなり、調べてみると無印マウンテンに最初からついてた無印クランクセットのギアが歪んでしまっているようです。
歪みというか、フレって感じでしょうか。クランク自体は問題ないのですが3枚のギアが同じように揺れています。
一番小さい径のギアを使っていたのですが小さいギアは歪みの影響が出やすいようで、ひとつギアを大きくしました。あるていどマシにはなりました。
脚の回転数は変えたくなかったし、追い風になったのと相まって巡航速度が少し早くなってしまいました。18キロくらいになってしまったでしょうか。

ママチャリ化完成のためにはあと前カゴをと思っていましたがクランクセット交換が先かもしれません。シマノの低価格クランクセットでも今のよりは性能いいでしょうし車重も軽くなるでしょう。
安い自転車で走行距離がかなりになっていますしそろそろ修理期がきたのかもしれませんね。
さて、どこまで修理していくべきでしょうか。







 [掌編フィクション]

赤い埃は風のまま流されている。
埃と誇りはなにか関係あるだろうかとか思っていたりするのだけどなんせただの埃なもんですぐ思考の道は途切れてしまう。
ハッと気がつくと水面がすぐ近くまできていた。
オレはこのまま死ぬんだろう。ふやけてなにかとまぎれてしまうんだろう。それはそれでわるくないとも思えるのだった。
そのとき強い風がぷうと吹いて巻き上げられそのままぜんぶ忘れてしまう。

ある朝の喫茶店 [掌編フィクション]

そのお姉さんは腰かけるとすぐにたばこをすいはじめた。
瞳にはさまざまなものが浮かびそしてふっと静まった。
いまはもうなにも思っていない。
口もとにはほほえみ。
「あんたは彼女に似ているよ」ボクはそう思う。
お姉さんが答えることは当然ない。
刻のはざまのひととき。

「チャンネルはそのまま!」佐々木倫子 [読書・鑑賞]

相変わらずのマイペースで周囲を振り回す。
でも、ついにバカがバカでなくなる日が?

最終巻なんですね。
ざんねん。
もちょっと読みたかったかな。このシリーズ。
まあ、それくらいでいいんでしょう。
作者はもっといろんなもん書きたい人なんやろうし。
(2017年06月11日読了)


4巻
あいかわらずのドタバタ。
無条件で愉しいです。
今回はなんと異動が・・・
今後は誰がお世話をするのか!?
 (2015年10月11日読了)




ギョウジャニンニク [掌編フィクション]

「ギョウジャニンニク好っきゃねん」
「ギョーザニンニク?」
「ちゃう。ギョウジャニンニク」
「なんやそれ、食いもんか?」
「うまいでぇ」
「ふうん」
「まだ食うたことあらへんけどな」
「なんのこっちゃ」
「食うたことあらへんから好っきゃねん」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。